義母の家を売りだして今日で4日目。
既に3組の見学者が来た。
いずれの方もお子さんを今から作る予定のカップルで、うちの子供も通っている学校が良いと聞いたと言っていた。
「予約してまで行くほどでも・・」と言いたいが、売らなあかんので言わない。

娘が学校に入った時は、定員30名のクラスに生徒11名とか、娘の今のクラスであれば14名とか、そんな程度であったが、息子の時になって急に定員が溢れてくじ引きとなったと聞き、何で急に・・と不思議でならない。
まあ人がエエと言うのならエエのであろう。

金持ち達が嫌がる市営住宅も一軒もないし、安全で非常に立地の良い場所だと、この家を見つけた私が言うのも何であるが、ホンマにエエ場所やと思うわけである。
だからこそ、本当にここを必要としている方に売りたいと思う。
今の仕事がアカンかったら、本気で物件探しの手伝いの仕事でも出来るんやないかと思う私は甘いだろうか・・

先日、亡き義母の犬を連れて義母の家に用事で入らねばならなかった。
犬はどう反応するのだろうかと思ったが、玄関入ってすぐの場所で座りこんでしまい、動かなくなった。
奥に行けばキッチンがあり、義母が救急車で最後に運ばれた際、救急隊の方がそこに置いてあった犬用のゲージに犬を入れてから義母を連れて行ってくれたそうである。
義母は陽性患者であったから、犬をすぐに私達の家に連れて来る事は出来ず、10日間は夫が仕事の後に通って散歩とエサを与えるだけで、後はキッチンに閉じ込めた状態が10日間続いたから、もしかして最後の記憶が怖くて寂しいものだった為に、中に入りたがらなかったのだろうかと思った。

今朝は気温0度、今日も犬は私に怯え散歩に行くのである。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記