ドキドキ 「インスタンベルの方も…。」
翔。

奈都美、
「うん。お陰様で…。なんとか…。」

「良かったな。」
「うん。」

けれども、そこから会話が続かない。
ふたり、共に店の中を眺めながら…。お互いをチラチラと…。

翔、奈都美、同時に、
「あの…さ。」
「ねぇ…。」

翔、
「なんか…、飲むか…???」

「うん。」

翔、手を挙げて…。ウェイトレス、
「お決まりでしょうか…。」

翔、
「俺は…、生。」
そして奈都美を見て…。

「私は…レモンサワー。」

「畏まりました。」
席を外れるウェイトレス。

翔、少し体を動かして、
「この前は…。ごめんな…。」

奈都美、
「うん…???何…???」

「尾田ちゃんから聞いたけど…。」
奈都美に指をチョンと、
「インスタンベルの帰り…。その…。なんだ…。」

奈都美、口を尖らせながら、メニューを見て、
「……。」

翔、
「その…、なんだ…。…断り切れなくって…さ…。」

その声に奈都美、
「はっ…???」

「…って…言うか…。」

奈都美、
「…なんの話…???」

「なんの…話って…。その…。彼女が…。」
「彼女…???」

翔、
「あ…、いや…。」

奈都美、
「私以外に、彼女って…、いるの…???…翔…???」

「あ…。いや…。ごめん。」
そして、一息、
「ふ~~~。」

奈都美、
「翔…???」

ウェイトレスが生とサワーをトレイに…。
「お待たせしました。」

そして翔、グラスを持って、
「とりあえず…。」

けれど奈都美はグラスを持たない。

翔、仕方なくグラスを奈都美にクィっとかざして、一口。
「これから…、また…、忙しくなるな…。」

奈都美、
「はい…???」

「いや…。だから…。これから…インスタンベルや、アレフーズ。今までにない…仕事量に…なるような…。」

奈都美、
「うん。」
ここでようやくサワーを一口。

「このまま…、忙しくなって…、変わらなく…なるのか…。」

奈都美、その声に、
「…どういう…意味…???」

「なんか…さ…。…ナツが…、遠くなって…きてんだよ。…俺…。」

その翔の声に奈都美、ドキン。

「尾田ちゃんとナツ…。仕事…見ていれば、見ているだけ…。中に入っていけなくなって…。さ…。」

奈都美、翔のグラスを見ながら、目を見開いて…。

「こんな事…、言うのも…変なんだけど…。ナツが…尾田ちゃんと一緒に仕事していて…。悪い方向に行けば…。まぁ…、こんな風には…。いや…、変な事、言う…。っていうのは…分かってる。…けど…、仮に、何か問題あってもさ…、ナツと尾田ちゃん、必ず、いい方に向いて…。」

奈都美、鼓動が少しずつ高鳴る。

「ナツが、前に、尾田ちゃんと一緒の事。うざがっているの…、話してくれた時には、俺も…ナツを…。…今は…。」

奈都美、口を真一文字にして、
「…今は…、なによ…。」

翔、
「ナツ…。」

奈都美、
「うん…???」

「俺…、ナツに…、何か…悪いこと…、してんのかな…???」

その声に奈都美、少し、目頭が熱くなって…。けれども、なんとか堪えるように…。
けれども、何かしら、体を縮こまらせて、
「…な…、何も…、悪い事…、してないよ…。」
そして顔を起こして、少し首を振り、鼻を啜って。

翔、
「ナツ…。」

奈都美、目をパチクリ。すると僅かに涙が目尻を…。
「ふぅ~~。」
左手中指を左目尻に。そしてそのまま右目元、そして親指を…。

「ナツ…。このまま、今の…状態は…、変わんないと…思う。」

奈都美、なんとも焦点が合わなく…。

「俺は…、今でも…、ナツ…、好きだよ。…けど…。」

奈都美、黙ったままで…。

「優里亜。」
ここで初めて優里亜という名前を、翔。
「…ごめん。名前出して…。…けど…、あいつも…、何も、悪いこと…してないんだ。」

奈都美、口のものを飲み込んだ感じで…。

「ナツ…。これからの事…考えると…。俺…。…あいつの事…、断れない。」

奈都美、自然に頭の中に浮かんでくる伸永の顔…。
翔の顔をしっかりと見れなくなって。涙も出てきそうに…。
いきなり慌てて、体を動かし、顔を左手で撫でるように、
「か…かける…。ごめん。私…、帰るね…。」

翔、
「ナ…、ナツ…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋