ドキドキ  「お馨から電話、あったのよ~~。多分、この時間までやっていると思うから。帰り、お願いできる…って…。」
運転しながら梨花。

奈都美、
「部長から…???」

「うん。…あなたたち、あんまり寝てないって言うから…。ほら、一昨日は会社に徹夜だったし。夕べは…???ちゃんと…、寝たの…???」

その声に奈都美、
「あ。あははははは。」

梨花、
「…でっしょう~~。それに今日…。とにかく…無理しない、無理しない。あっ。伸永、七瀬さんの家、分かるよね。」

伸永、
「あぁ…。」

「ナビして。七瀬さん、着くまで、寝てていいわよ。少しでも、休みなさ~~い。」

伸永、梨花を見て、
「あ~~。うん。そうだね。」

奈都美、右手を振って、
「あ~~。いやいやいや。そんな…、送ってもらって…、車の中で、眠るなんて…。そんな…図々しい事…。」

梨花、
「かかかか。まっ、だよね~~。…でもさ、窓に凭れていると…、自然に…。」

そう言われて奈都美、後部席に座りながら、辺りは真っ暗。
自然にバッグからスマホを…。
午後から何も記録のない画面。自然に頭が窓に。目を瞑ると…。自然に…。

運転しながら梨花、
「ふふふ。」

伸永、
「姉ちゃん、その信号右。」

「おぅ。」

シャワーを浴びながら翔、姉の泉美の声を思い出していた。

翔、
「マジで…???…姉ちゃんの言うとおりに…。」
そして、今現在の奈都美と伸永を頭に巡らせ…。
「今は…、入って行けねぇもんな~~。」
そして壁に握りこぶしを…。
「なんでだよ、…ったく~~。俺…、なんか悪い事、したか~~。」
頭から離れない、優里亜と奈都美。そして伸永。

「七瀬さん。七瀬さん。」

その声に奈都美、
「あっ。はい。へっ…???」

「着いたわよ。」
運転席側から梨花の声。

奈都美、右左に目を、
「あっ。ほんとだ。あ、ありがとうございます。」
そして頭の中で…、
「…ほんとに私…。寝ちゃってた…。」

伸永、
「お疲れさまでした。」

奈都美、
「うんうんうん。お疲れ様~~。お姉さん、ありがとうございました~~。」

梨花、
「うん。じゃね。しっかりと…休んで~~。」

奈都美、車から降りて丁寧にお辞儀をして…。
車内から手を振る梨花。

伸永、窓を開けて、
「おやすみなさい。」

奈都美、
「うん。おやすみ。」

遠ざかる車。奈都美、玄関に向かいながら、
「うわぁ~~~。」
思い切り欠伸。

そして、いよいよ約束の日。
商品企画開発部の面々から健闘を称えて送られた奈都美と伸永、
ホテル・インスタンベルのエントランスを…。
そして萌咲と龍二。加えてシェフのロナルド。

1時間後、ふたりはガッシリとシェフのロナルドと握手を交わしていた。
そして奈都美とハグ。伸永ともハグ。

美緒、
「良かった~~。」

その知らせはすぐに瀧澤の下に。

瀧澤、スタッフ全員に、
「インスタンベル、OKサイン、出たよ~~。」

感極まる部署内、
「ぃやった~~~。」

湧き上がるスタッフたち。

瀧澤、
「うんうんうん。」

内海、
「っしゃ~~~。」

「やってくれたぜあのふたり~~。」
康。

その報せは出掛け先の葉月、そして翔、靖子にも。

葉月、
「うっひょ~~。かかかか。や~~り~~。」

翔、歩道を歩きながら、思いっきりのガッツポーズ、
「ッシャ‐―――――っ!!!」

靖子、
「やってくれたね~~うんうんうん。」

「か~~んぱ~~い。」

剛輔、
「んふふふふふ~~。」

美玖、
「はは。」

「まっ、忙しくなるのは、これからだけど…。とにかく、今は、美酒を、楽しもう。おめでと、尾田ちゃん、ナッちゃん。」
珍しく伸永の隣には康が…。

伸永、
「ありがとうございます。主任。」

奈都美、生ビールを一気に半分程。
「ん~~~。おいし。最っ高~~。」

葉月と朋代、
「うんうんうん。」

剛輔、
「今日は…、主任の奢りですか~~。」

そんな剛輔に康、右手をヒラヒラとさせながら、
「かかか。勘弁してくださいよ。俺なんか、とても、とても、そこまでは…。日々、食っていくのが…精一杯。」

葉月、
「ま~た、またまたまた~~。ダ~~イさ~ん。」

康、
「いやいやいや、ほんと、ほんと。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 海をこえて

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋