ドキドキ 伸永も、びっくりしたような顔で、目をパチクリさせて…、
「おおおお、お疲れ様です。」

瀧澤、思わず、
「ぷっ。何よ、伸永、声…、裏返ってるよ〜〜。」
そして袋をふたりに見せて、
「ほぃ。まだ何も食べてないでしょ。」

「わっ。マイルドナルド〜〜。ハンバーガ〜〜。」
伸永。

奈都美も、
「うわぁ〜〜お〜〜。」
両手…、小さく叩いて、
「おいしそう〜〜。」

「まっ、インスタンベルのフレンチには…、敵わないけどさ。」
そして袋の中から、
「ほぃ。ナッちゃん。」

奈都美、
「ありがとうございます。」
舌をチロリと出して。

「ほぃ、伸永。」

伸永、
「ありがとうございま〜〜す。」

そして、奈都美、いきなりバーガーをパクリ。
「んふ…。お〜〜いし〜〜。…丁度、これから一息…。ムフフフフ。」

瀧澤、
「はいはい。…で、ど〜〜れ…。どんな感じ…???」
伸永の机に…。そしてサンプル画を見て、
「へぇ〜〜〜。うんうんうん。今までのとは、全く違う。…と言うか…。へぇ〜〜。こういう…発想…。」
そしてふたりを見て、
「ふんふんふん。これが、インスタンベルでの…から…???」

奈都美、伸永、
「はい。」
「えぇ…。」

けれども伸永、
「…でも、まだまだ…。」

奈都美、
「それから、まだ、追及します。」

瀧澤、
「へぇ〜〜。凄いね〜〜。」
そして、
「…でも、あんまり…無理は…。一昨日は徹夜で…。昨日は…、ふたりとも…、寝たの…???」

その声にふたり…、
「えっ…???あ…、はははは。」
「…まぁ…。なんとか…。」

「体力…、資本だからね〜〜。…それに…。」
サンプル画を右手で持って、ニヤリと瀧澤、
「これが…OKでも、そこが…ゴールじゃ、ないんだから…。」

その声に奈都美、
「はい。」

伸永、
「肝に…銘じて…。」

瀧澤、それだけ言って、
「ふん。んじゃ…、私は…この辺で…。」

奈都美、キョトンと、
「へっ…???…部長…、もぅ…、帰っちゃう…???」

伸永もキョトンとして。

瀧澤、
「な〜〜に言ってんの〜〜。ふたりの…邪魔なんて…。私…、そんな野暮は…致しません。ふふん。」
そして、
「伸永〜〜。ナッちゃん、頼んだよ〜〜。」

伸永、
「えっ…???」

奈都美、目をパチクリと…。

瀧澤、
「ナッちゃん…。伸永、鍛えてよね〜〜。」

奈都美、
「いやいやいや。鍛えてよねって…。私…。」
頭の中で、
「…私が…鍛えられていると…、言うか…。」

瀧澤、
「頑張れ、頑張れ。」
バッグを持ちながら、
「アレフーズも、いい方向…、向かってる。うん。」
そして、
「期待…、してるよ。」
そう言ってドアに向かって。

奈都美、
「ありがとうございます。ご馳走様で〜〜す。」

伸永も、
「お疲れ様で〜〜す。ご馳走様で〜〜す。」

後ろ向きでふたりに右手を挙げて、手をひらひらと。
ドアの外に瀧澤。

そして歩きながら、
「ふ〜〜ん。…なんとも…、意外な…展開。」
バッグからスマホを…。

そして左耳に…。
「あっ。庸ちゃん…、私…。」

電話の相手、内海、
「お疲れ様です。お馨さん。」

翔、マルシェで葉月と別れて。そして…、駅までの…。スマホで…。

丁度シャワーを浴び終わり、部屋着を着て髪にドライヤーの優里亜。
スマホの着メロに…、
「はいはいはい。へっ…???翔…???」
画面をスワイプして、耳に…。けれども…、
「も…。へっ…???何よ…、切れてる…。」

翔、
「電話…、出れねぇ…てか…。」
…と、いきなり着メロ、
「なんだよ。」

スマホの向こう、
「ごめん、ごめん。シャワー浴びてた〜〜。ごめ〜〜ん。…どしたの、翔から電話なんて…、びっくり。」

翔、
「あっ。あ〜〜。」

「何…???どうしたの…、元気ない声で…???」
「あの…さ。」

「うん。」
「今日…、アレフーズの帰り、フードショップ…行ったじゃん。」

「うん。」
「あん時、俺たち…、見られた…。」

優里亜、その声に、
「誰に…???」
髪をバスタオルで乾かしながら。

翔、
「ナツと尾田ちゃんに…。」

その瞬間、優里亜、
「えっ…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋