ドキドキ 「さてと。」
奈都美、
「そろそろ帰るわ。翔も…疲れるし…。」

翔、
「わざわざ、ありがとな。」

「また来るわ。」
「あぁ。まっ、俺も、明後日辺りには、もう…、殆ど、この仰々しいのには、おさらばするけど…。」

「うん。でも…、大事にしてよ~~。」
「わ~~かってる。」

そして奈都美は立ち上がり、玄関の方に。
そんな奈都美の後ろを翔。

奈都美、靴を履いて、そして後ろを振り向いて、翔の身体に抱き付く。
「じゃね。」
そして翔の唇にチュ。
「おやすみ。」
奈都美、ドアを開けてニッコリと。
「ふふん。」
右手を振り、ドアを閉める。

そのまま立ち尽くす翔。右手を右頬に、
「ふ~~。どうするよ。」

そして…。

仕上がったサンプル画数枚をインスタンベルに。
その数枚を見て萌咲と龍二、互いが気に入ってシェフに提出。
2日後には結果を連絡…と、言う事だった。

そしてその2日後、美緒を通して奈都美と伸永に届いた結果が…、「再提出」

奈都美、
「えっ…???なんで…???城嶋さんも、向島さんも褒めてくれたのに…。」

伸永も、腕組みをして…、
「ん~~。」

再提出の期限は5日後。
既に翔も現場復帰。
アレフーズも千尋から引き継ぎ、バトンタッチをしていた。

商品企画開発部の誰もが、
「どうして、これが…、再提出…???」

納得行かぬ間に伸永、そして奈都美、それぞれ、再度、条件の下で再考案。

最初のサンプル画とはまた別の角度からのイメージを数枚提出。
…ところがまたもや、シェフからの返答は、「再提出。」

これにはさすがに困り果てた萌咲、シェフのロナルドに、
「どうして、これじゃあだめなんですか…???」

と、詰め寄るが、ロナルドはこう呟く、
「あのふたりは…、分かっていると思いますよ。」
微笑みながら…。
「それじゃあだめだと言う事を…。私たちは、世界のお客様のために仕事をしている。つまりは、若い人もいれば、お年を召した方々もいる。当然、子供もいるんです。そういう方々のために、仕事をしているんです。それを…彼らも解っていると…思いますよ。」
始終、にこやかに…。
「モエ、もう一度、お願いしますねぇ。…けれども、チャンスは…あと、一度キリです。…それでも、もし…、ダメだったら…、その時は…。あきらめてください。」

その話に萌咲、
「そ…、そんな~~。」

シェフから言われた事を龍二に伝え、そして美緒に…。
伸永と奈都美はその話に頭を抱えてしまっていた。
再々提出に与えられた期限は同じく5日。
けれども全く新しいイメージが湧いてこない。

奈都美、
「一体、どうすりゃいいのよ。…ったく~~。」

それ以上に伸永の神経が土壇場まで来ていた。
今までの、どの仕事以上のプレッシャーだったのだ。

頭の中で、
「…世界レベル…???」
その言葉が螺旋を描くように回っていた。

瀧澤も腕組みをして、
「伸永…。ナッちゃん。」

それから3日間は夜遅くまでの作業が続く。

剛輔、
「え~~。あいつら…、まだ仕事やってんのか~~。」

翔、
「えぇ~~。俺も…手伝いたいんだけど…。今回ばかりは…。」

葉月も、
「うん。なんとも…、中に入ると…。それだけでも、進まなくなっちゃうような感じがして…。」

朋代、
「そんな…条件…厳しいの…???」

そんな朋代に葉月、コクリと…。

誰もいない商品企画開発部内、伸永と奈都美。

伸永、
「あと…、2日。」

奈都美、今まで仕上がったサンプル画。そしてまた新しいサンプル画を見ながらも、
「これでもだめ…。あ~~ん、もぅ。時間だけが過ぎていく。」

伸永、
「七瀬さん。そろそろ…帰った方が…。もぅ…10時…。」

「何言ってんのよ、帰れる訳ないでしょ。尾田君が必死になってんのに…。」
「それは…、そうですけど…。」

「なんとかなる。なんとかなるよ。今までだって、何とかなってきたんだもん。」

伸永、元気なく、
「えぇ…。」

けれども…。

時計の針は更に午前1時を…。
乱れた髪を掻きむしるように伸永…。

ふと向かい側を見ると奈都美が…。

伸永、
「七瀬さん…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 海をこえて

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋