コロナ前までは賃貸住宅オーナーが民泊やゲストハウスの経営を

してホテル需要を取り込む動きが活発になりましたが、コロナ禍で

海外からのインバウンドや、旅行、ビジネス需要が激減してしまった

ため今度はホテル業界が賃貸入居者を取り込む動きが活発化して

いる様です。

 2021年3月22日29日版全国賃貸住宅新聞によるとホテル各社

が月額10万円前後のプランを設定し、長期利用者を獲得し始めて

いると報じています。

 マンスリーや民泊系居室を扱う新興系の部屋探しサイトで利用者

を募集し、賃貸住宅の入居者も取り込む作戦に出ているということ

です。

 全国65拠点でコンフォートホテルを展開するチョイスホテルズジャ

パンは東京都内、大阪、仙台などの主要都市でシングルルームを

月額7万9100円で貸し出すプランを提供しているとのことです・・・。

 この金額であれば都内のワンルームマンションの家賃より安い価格

ですのでホテル暮らしをしようと言うニーズは増えるものと思われます。

月額10万円を切るとアクセス数が伸び、安価であるほど予約数は増

えるそうです。

 利用者は20代~30代が多くテレワーク需要での利用もあるとのこと

でしたw。

ホテルチェーンが1か月10万円を切る料金設定にしてくると我々大家

さんにとっては脅威ですよね!!

 さて今日の株式市場ですが日経平均連動型ETF買いの停止を嫌気

して朝から大きく下落し日経平均は29107円まで突っ込みましたw。

その後は少し戻しましたがショックは大きかったようです。

 海運株や鉄鋼、証券株など景気敏感株が上昇していましたのですぐ

に織り込んでまた立ち直って来るのではないかと思っています。

わたくし小型の丸八証券を持っているのですが、随分上昇して来たと

思います。

証券株はまだまだこれからだと思います。

丸八証券日足チャート↓
WS000606.jpg

 ということで、いつものランキングボタンご協力いただけるととっても 

うれしいです♪
Source: 吉川英一オフィシャルブログ-低位株・不動産投資で会社バイバイ、リタイアして毎日が日曜日。不動産業ブログ!