妻が今月末で定年を迎えることになります。

そこで税理士事務所に私の加入している協会けんぽの被扶養者

になれるか確認してみました。

 60歳以上の場合退職後の収入が180万円を超えなけれは妻を

被扶養者にできます。

実はかなりギリギリな感じの不動産収入があります。

仮に満室の場合は超えてしまうのではないかと思います。

 妻はもう働きたくないと言っている為4月から収入がゼロになり家賃

収入のみになります。

所有している区分3戸のうち1戸でも退去したらおそらくただで健康

保険に入れることになります。

もし、書類を提出して見てダメと言われた場合は、仕方ないですが(笑)

妻を社員にして月6万円の給料を支払い厚生年金と最低保険料の額

を毎月支払うしかないと思っています。

 自分は今、厚生年金と健康保険料を会社負担と個人負担合わせて

23,020円支払っていますので多分同額を負担することになると思い

ます。

妻への給料6万円は法人の経費になりますのでその分法人の利益を

つぶすことはできます。

 それにしても働いている限り厚生年金は70歳まで支払い続けないと

いけないのはなんだかなぁ~って思ってしまいます・・・。

 ということでいつものランキングボタンご協力いただけるととっても

うれしいです♪

Source: 吉川英一オフィシャルブログ-低位株・不動産投資で会社バイバイ、リタイアして毎日が日曜日。不動産業ブログ!