ドキドキ 瀧澤、その後、内海に電話連絡。

内海、クライアントとの商談の合間に、スマホで瀧澤に、
「いやいやいや。ホテル、インスタンベル。かかかか、フルレットからそんな話が…。凄いっすね~~。」

瀧澤、
「うん。…伸永は、やりたがってる。…けど、ナッちゃんがね~~。」

内海、
「ん~~。まっ、今の状況…考えると…。」

「返事に…困っている…。」

その時、いきなり椅子から立ち上がり、奈都美。
つかつかと瀧澤の下に。

瀧澤、
「ナッちゃん…。」

内海、スマホ越しに、
「えっ…???」

奈都美、
「部長~~。やってみます。」

瀧澤、
「庸ちゃん、ちょっと待って。」
そしてスマホを机の上に、スピーカーを…。
瀧澤、
「ナッちゃん。」

奈都美、もう一度、
「やってみます。」

スマホから聞こえる内海の声、
「ほぉ~~お…。」

奈都美、後ろを振り向いて、
「尾田君。」

伸永、
「あっ、はい。」

そして奈都美、瀧澤に向かって、
「尾田君と一緒、やってみます。」

瀧澤、
「いいのね。」

内海の声、
「おぅ~~。やってみろ。うん。」

奈都美、
「ありがとうございます。」

瀧澤、スマホを持って耳に、
「…という訳で、庸ちゃん。」

「はいは~~い。了解で~~す。ますます忙しくなってきますな~~。お馨さん。かかかか。」

瀧澤、そんな声に、
「そのようで…。」

その後、瀧澤がフルレットの桐ケ谷美緒とスケジュールの調整。
奈都美、その連絡を翔と木綿子にも…。

翔、受信したラインを見て、
「凄ぇ~~。」
そして、
「そっか~~。尾田ちゃんとか~~。頑張れよ。こっちも、まっ、なんとか…。安静…保ってる。」

その内容に奈都美、少し、また目頭が熱くはなるが、
「ふぅ~~。」

そして木綿子は木綿子で、残念ながら左手がまだ思うようには動かない、スマホで、
「ナツナツナツナツ。」

奈都美、
「ユッコ~~。」

「凄いよ、ナツ~~。ホテル、インスタンベル。うんうんうん。尾田ちゃんと。頑張れ、頑張れ~~。あっ、仕事中、ごめんね。」
「ううん…。」

「それから…、翔、どんな感じ…???」
「うん。とにかく…今は、安静にしてるって…。」

「そっ。うん。ねねねね、聞いた~~。トモさん、遂に~~。びっくりしたよ~~。」
「うんうんうん。私たちも…びっくり。いつ間にって感じ~~。」

「だよね~~。」
「じゃ。また。お見舞い行くから。」

「うん。ありがと。」

その日の夕方、優里亜から翔に着電。
「これから…行っていい…???進捗情報もあるし…。もし…ナツ…来るんなら…。」

そう言われて翔、
「ん~~。断れねぇだろ…。それに、今、ナツたち…、かなり忙しそうだし…。」

「うん。翔と、ユッコ…いなくって…。」
そして、一呼吸置いて、
「ナツ…、こないだの事、怒ってなかった…???」

そんな優里亜の声に翔、
「…いや…、別に…。…ただ…、尾田ちゃんから電話があって、その後、ナツに代わって、それから、声が途絶えて…。そのまま切らないでいたら、今度はカンちゃんが、いきなりおっきな声で、女を…、なんとか言って、そのまま電話切れて…。」
タブレットの画面を見ながら、
「あれからは、連絡…。…あぁ、でも今日、午前中、ライン…。なにやら凄ぇ仕事。」

「ふ~~ん。あっ、電車来た。後で。今から行く。」
プツリと切れる。

翔、
「お、おぅ…。…って、切れてるし。」

その頃…。

奈都美。
「ふ~~、ひと段落。」
スマホのデジタルは、午後7時15分。

「ナッちゃん、2番、桐ヶ谷さん。」
瀧澤。

奈都美、
「あぁ、はい。」

伸永は他の電話に出ている。

奈都美、
「お電話代わりました~~。七瀬です~~。お世話様で~~す、桐ヶ谷さ~~ん。今回は、ありがとうございます。」

「お世話様。…で、お疲れ、ナッちゃん。尾田君もいる…???」
美緒。

「はい。…でも今、丁度他の電話に。」
「そう、うん。後で瀧澤部長からも話しあると思うけど…。来週の月曜、午後3時、ホテルインスタンベルの外販事業部第3会議室。会う事になったよ~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 海をこえて

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋