ドキドキ 「へぇ~~。瀧澤部長がね~~。ユッコがいてトリオ。そして尾田ちゃんが加わって、カルテット。」
剛輔。
「かかか。そう言えば…うん。都とカンちゃん、必ず、尾田ちゃんいるもんな~~。かかかか。うんうんうん。分かる、分かる。なっ、尾田ちゃん。」

葉月、その剛輔の声に、
「ぷっ。…かかか、そうなんだよね~~。」

奈都美、
「ふん。」
そして左隣に座っている伸永を見て、ぶすっとした顔をして、
「なんでだろ…???」
そしてまた伸永から薫るいい匂い。

伸永、照れながら、
「なんで…???って…言われても…。いっつも七瀬さん、尾田君、行くよって…言うから…。」

剛輔、
「ほぅほぅ。」
下唇をビロンと…。

美玖、
「翔君、今…、どんな感じ…???」

「それが~~。」
葉月。奈都美の右肘を突っついて。

奈都美、口を捻じ曲げて…。

剛輔、
「何…???まだ連絡してねぇのか…。お~~ぃ、折角、瀧澤部長から~~。」

奈都美、
「わ~~かってる。わ~~かってる。…んだ…けど…。」

その時、伸永、今までスマホでなにやら検索していた手を止めて、指でポン。
3回のコールで相手が出る。
「もしもし、伸永です。ちょっと待ってください。」
そしてスマホをいきなり奈都美の左耳に。

奈都美、
「えっ…???…へっ…???」

伸永、
「七瀬さん、ほら。」

奈都美、
「なになに…???」
伸永のスマホを左手で…、
「もしもし…。」

スマホから、
「ナツ…???」

奈都美、目を閉じて、溜息、
「あ~~~。」
小さく…。
「かける…。」

「おぅ。」
翔の声。

剛輔、
「へぇ~~。」

美玖、
「ふんふ~ん。や~るじゃん、尾田ちゃん。」

葉月も美玖の顔を見て、にっこりと、
「ふん。」

黙っている奈都美。

そんな奈都美を見て剛輔、口パク。

奈都美、
「どう…してる…???」

翔、
「あ~~、うん。まっ、なんとか…。今、かあさんと姉ちゃん、来てんだ。」

「そ…、そぅ…。」
「昨日は…、ごめんな。」

「えっ…???」
「優里亜の…事…。」

「あ、あ~~。」
「いきなりだったから…、びっくりして…。優里亜も…、優里亜で…。俺の左…。心配…して…さ。」

奈都美、
「う…、うん…。分かってる。」
瞬間、奈都美、何かしら小鼻がツ~~ンと。すると、思わず目が潤み、
「ご…、ごめん…。」
スマホをいきなりカウンターに置いて、席から離れる。

葉月、
「ナツっ。」

奈都美、そのまま化粧室の方に…。

伸永、
「七瀬さん。」
奈都美を追いかける。

女子トイレに入り、洗面台に…。零れる涙。奈都美、
「う…。う…。あ~~。」

伸永、女子トイレのドアの前に、
「七瀬…さん。」
ドアをノックして、
「七瀬さん。七瀬さん。」

ドアの中から聞こえる奈都美の泣き声。

葉月、心配で歩み寄る。その時、ドアの内側から聞こえる奈都美の声、
「ノブ~~。どうしよ、私~~。」

葉月、その声に、
「ナツ…。」
そして葉月、伸永の顔を見て…。

伸永、困ったような顔をして、
「カンちゃん。」

葉月、
「うん。」
そしてトイレのドアを開けて、
「ナツ…。」

奈都美、入ってきた葉月に寄り掛かり、
「カンちゃ~~ん。」

「うんうん。」
優しく奈都美の肩から背中をさすって。

…少しずつ落ち着く奈都美。

葉月、
「大丈夫…???」

頭をコクリと奈都美。そしてふたりでドアの外に。

葉月、奈都美を抱きかかえながら。
すると奈都美、自然に伸永の右手を握って。

葉月、それを見て、笑顔で、
「ふっ。尾田ちゃん、行こ。」

カウンターに戻る3人。

美玖、
「大丈夫~~???」

剛輔、
「おぃおぃ。」

葉月、
「うん。少し…落ち着いた~~。」

剛輔、伸永のスマホに指差して、
「まだ…、繋がってる。」

葉月、
「うん。」

葉月、伸永のスマホを取って、
「もっしも~~し。」

翔、
「カ…カンちゃん…???どうした…???どうなってる、ナツ…???」

葉月、
「こんにゃろ、女を泣かせるんじゃねぇっ!!!!」
そして通話を切る。

翔、
「えっ…???…なんで切れる…???」

泉美、自分のスマホでラインしながら、
「へっ…???切れちゃったの…???」

翔、目を天井に、そして頭を傾げて、
「ふん…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋