亡くなった義母の家は、うちの子供が通う学校のすぐ近くにある。
そういう立地で探したからなのであるが、私の仕事が夕方6時7時までかかる時は学校に迎えに行ってもらっていた事もある。
その義母の横に住む家族の子供3人も又、その学校に通っている。

昨日も犬を連れ散歩がてら子供を迎えに行った。
校門の手前で待っていたら、「僕はアナタの義母さんの隣に住む者なんですが・・」と声をかけられた。
義母の家と隣の家は離れているため、顔をはっきり見た事がなかったのであるが、その方が「義母さん、最近自宅におられないようですが・・・」と言った。
私は「2か月前に亡くなりました。コロナで」と伝えた。

男性は「そうでしたか・・。ずっと戻られている様子も無いし、車も無くなっているので、どこか長期で行かれているのかと思っていました。実は先日、義母さんのいとこのいとこという方が訪ねて来られ、中に誰もいない様子を心配され、警察を呼ばれたんです。それで中に警察が入って確認したけども荒らされた様子も無いし、遺体があったわけでもなく、警察もその方も帰られたんです。僕も一応、近所に息子さん夫婦が住んでいると聞いた事はあると伝えましたが連絡先も分かりませんし・・と言う事で、今日お見掛けしたのでお声をかけました」と教えて下さった。

私はすぐに夫に連絡、警察に連絡するよう伝えた。
子供と犬を連れ、どうせ義母宅の前を通るので、念のため鍵や窓など壊されていないか確認してから帰宅した。

夫は担当した警察官と電話で話す事が出来た。
「お母さんのいとこのいとこと言ってました」と言う。
夫はお母さんにいとこがいた事すら知らない。
私も義母から聞いた事が無い。
妹さんに連絡し、「いとこのいとこて誰?」かと聞いた。
妹さんは「父方の兄弟の子供には60年以上前に会ったきりで、そんないとこの話は聞いた事もない。そもそも両親はそれぞれの親や兄弟ともワケあって縁切りしているから、姉の身内は私だけ」と言った。

亡くなった事を知らずに訪ねて来たという事は、義母が3年半ほど前に越して来たこの家の住所を知っているという事であるが、妹さんによると「姉がいとこと連絡を取っていたなど聞いた事が無い。連絡先を知るはずもなく、どうやって来たのだろうか」と不思議がっていた。
それが本当にいとこのいとこなのかも確認のしようが無く、警察は「とにかくそう言っていた。泥棒なら警察をわざわざ呼ぶはずもなく、その方の連絡先や名前は控えていない」と言った為、その方に連絡する事も出来ない。

夫は「誰にでも秘密はあるから、もしかして妹にも息子にも内緒で、いとこが時々訪ねて来ていた、連絡を取り合っていたなんて事も100%無いとは言いきれん。お母さんなりの事情か理由があったのかもよ」と言った。
そんな大そうな事やないと思うが、義母が私にさえ話さなかったのならば、きっと何か理由があったのかも知れない。

義母の次男の前妻の事さえ、私にだけあれほど「死ぬまでに会いたい」と言っていた間柄である。
その私に言わなかったのならば、掘り起こされたくない事もあるのだと思うから調べる事はせず、もしも縁あってその「いとこのいとこ」と連絡が付いたら聞いてみるのも良いかと思う。
夫は念のため義母宅の隣人に連絡先を預かってもらい、「もしまた、そのいとこのいとこと称する人が来られたら、ここに連絡を頂けるようお伝え願えませんか?」と書置きを残した。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記