日曜日の午後、子供が通う学校の校長から保護者宛てに一斉送信メールが来た。
「再度のお願い。登下校時の保護者は、校庭であってもマスク着用して下さい。屋外であってもマスク着用は義務化しています。どうかルールを守って下さい。また、コロナ疑いで検査結果待ちの家族と同居している児童を、検査結果が出ないうちに学校に来させるのは控えて下さい。学校は拡散防止を可能な限りで実行しています。どうか保護者も拡散する可能性のある状況を出来る限り作らぬよう協力願いたい」とあった。

思わず、うちの娘のクラスメイトのオカンの事ちゃうんか・・と笑ってしまった。
木曜日の朝に検査を実施、多分自分は陰性であろうと思ったのか娘を学校に行かせて数時間後に陽性と判明し、慌てて学校まで迎えに来た。
今朝友人と駐車場で会ったので、「あのメール見たぁ~?」とその話題に。
友人は「誰やねん!!そんなん言われんでも分かるやろ!!」と怒り狂っていた。
夫が糖尿病であるから、友人は余計に神経質になるのは当然である。

何度マスク着用が義務と言われたら理解するのだろうか・・
外であれ、その送り迎えの時だけ着用すれば誰もが安心感で登校出来るのである。

仲良しの友人の妹がロンドンで婦人警官をやっている。
2月末から産休明けで仕事復帰したばかりである。
先日、ロンドンで起きた女性殺害事件からデモで人が大勢集まり、それにマスク1枚で行かねばならなかった憤りの話になった。
まだロックダウン中やのに、何故あのイギリス人達は集まってしまうのか・・・
怒りはせめてロックダウン明けまでSNSで拡散し、ロックダウンが明けてからマスク着用で集まるという考えは持てないものか・・
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記