statue-of-liberty-1922120_1280.jpg

昨日のセミリタイア3周年記事で、楽しさを現状維持するために、マイナーチェンジを繰り返していく意向を書きました。

しかし、その中でも変えていい部分と変えたくない・変えてはいけない部分があると思っています。

せっかくセミリタイアして、ボトムが安定しているのに、そこ弄っては本末転倒。
マイナーチェンジの中でも、死守すべき事項を定めました。

具体的には、以下の自由は譲れません。

①移住の自由

個人的に、「仕事をしなくていい」がセミリタイアの消極的なメリット、「興味のある場所に住める」が積極的なメリットの筆頭です。
移住の自由を制限しかねない生活スタイルは取りません。

例えば、正社員として就職する、家を購入する等をすると、身動きが取りづらくなります。
仮に金銭的に有利だとしても、こういう選択は慎みたい。

②すぐに辞められる自由

セミリタイアある以上、今後もバイト等はしていくでしょう。
また試験に合格できたら、社労士としての活動もするかもしれません。

仮にどんな仕事をするとしても、「あ・・・これは無理だな、嫌だな」と思ったら、すぐに辞められるポジションでいないといけません。

確かに、法律上は職業選択の自由があるので、すぐ辞めることは可能。
しかし、現実的にはそれなりに責任がある仕事をしていると、全部トンズラするってことは性格的に無理でした。
一旦無理な仕事を受けた時点で、進むも地獄、戻るも地獄状態になってしまいます。

余裕なバイトだけやっていれば、金銭的にOK状態の中で、決してリスクを取る部分ではありません。

辞められる自由は、仕事に限らず生活全般に及びます。

③キレられる自由

今は、日雇い労働者だったり、短期の派遣社員だったりで、身分的には低いと言われています。
しかし感覚的には、めっちゃ立場が強い。

もちろん傍若無人に振る舞うわけではありませんが、ホンマにムカついたらちゃんとキレることができます。
以前は、それはないだろ・・・と思っても、「いや、ここでこの人と喧嘩したら後々やりづらくなるな」と考えて、飲み込む場面がありました。

しかし今は、そんな気遣いは不要。
仕事に限らず、そこまで気を遣わない相手はいません。
一線を超えてきたと思ったら、誰にでもキレるようにしています。

家族以外の人間関係では、この身分が大事です。

①~③は、苦節10年で金銭的余裕を確保し、セミリタイアして勝ち取った自由だと思っています。
マイナーチェンジは大事ですが、この自由を侵してまでやるべきものではありません。

何かを始める時、少し違和感を覚えた時には、基本に立ち返ってあるべき状態なのか?をチェックしたいと思います。

逆に言えば、①~③が担保されていれば、積極的にやっていくということでもあります。
Source: Time is money  キムのお金日記