ドキドキ テーブルの上のスマホに着メロ、
「…ん…???ナツ…???」
そして、
「はい、ナツ…。どした~???」

奈都美、
「トモさん…。」
元気のない奈都美の声。

朋代、
「あは…。どうしたの~~???…ん~~???」

奈都美、鼻水をグスリと…。
「翔の部屋に…優里亜…。」

その声に朋代、
「はぁ~~あ…???」

「翔の部屋に…。優里亜がいたの…。」

朋代、目をパチクリとさせて…、
「あ…、あ~~。…はい…???」

3時間前…。

優里亜、翔の部屋の隅でペタリと床に…。

翔、立ったまま…、頭の後ろを右手で掻いて、
「参った~~。…まさか…。」

優里亜、黙ったままで…。困った顔をしながら…。
翔、今度はベッドに腰を下ろして…。

優里亜、ようやく、
「…ナツたち…、翔の部屋…。」

「ううん…。」
顔を左右に振って、
「教えてない。」

「じゃあ…。」
「誰かに訊いたんだ…、俺の部屋。…カンちゃん、お忍び…って、言ってたから…。」

「お忍び…???」
「ナツには、かあさんと姉さんは部屋に来たって…言ってはあるんだ。」

「そぅ…。」
「ふぅ~~。」

優里亜、
「翔…、ごめんね…。」

「ごめんねっつったって…。」
そして右手で顔を撫でて翔、
「あ~~。」

「ナツたち、翔、見舞いに…。」

ベッドに仰向けになって翔、
「あぁ…。多分。」

優里亜、
「カンちゃんも、ナツも…、怒ってるよね~~。」

その優里亜の声に翔、
「あ~~。特にカンちゃんは…なんだか…分かる気がする。…ナツは…。ふ~~。完璧に…落ち込んでんな~~。」
そして右肘を下に、体を起こして。
「いやいやいや。参ったね。」

「ごめんね。私…。」

そんな優里亜に翔、口をへの字にして、そして尖らせて、
「仕方…ねぇだろ。実際、俺がこんな状態になってるから…、みんな…心配してくれて…。…おまえだって…そうじゃん。俺、料理…出来ねぇし…、しかも…左が…こんなだし…。」

「翔…。」
「ん~~…???」

「ごめん…。…私…、翔に…怒られるかと思った。」
「へっ…???…なんでだよ。」

「だって…。自分で勝手に、翔の部屋に押しかけて…、料理…作って…。」

翔、
「だ~~から~~。」
そしてため息を突いて、
「ふ~~。」
冷蔵庫を開けて、ウーロン茶を出して…。

優里亜、
「あっ、私、やる。」
立ち上がり、翔からウーロン茶のペットボトルを…。

「俺…、誰も恨んでねぇよ。怒ってもねぇし…。…逆に、助かってるよ。」
優里亜がグラスに注いでくれたウーロン茶を飲んで…。

その時、チャイムが…。

翔、
「えっ…???」

するとドアが開いて、
「な~~にやってんの~~。鍵も掛けないで~~。」

「へっ…???」
翔、
「姉ちゃん…???」

優里亜、
「お…、お姉さん…???」

泉美、靴を…、
「あれ…???」
自分の靴を脱いで、さささささ~と、リビングに。
「あっ。」
そしてにっこりと。
「こんにちは~~。翔の姉の泉美で~~す。初めましてです~~。」
泉美、翔の左に…、
「おっと。ふふん。可愛いじゃん。」

翔、
「姉ちゃん。」

優里亜、どうしたらいいのか分からず、とにかく、目の前の女性にペコリと、
「すみません。加瀬…優里亜と申します。」
そして優里亜、
「あ…、あの…。」
床に置いてある自分のバッグを持って、
「私…、帰ります。」

その瞬間、泉美、
「えっ…???」

優里亜、玄関に向かって、
「お邪魔しました。申し訳…ありませんでした。」

泉美、
「なんで謝んの…???」

立ち止まる優里亜。

泉美、そんな女性の傍に、そして肩を抱いて、
「ふん。いらっしゃい。シュークリーム買ってきた。一緒に食べよ。」

翔と女性の話を聞きながら泉美、
「そっか~~。だから…鍵…。うんうん。…でも、まっ、しょうがないよ~~。誰が悪いっていうものでもないし…。あなた…、加瀬…さん…だっけ…。」

優里亜、
「あ、はい。優里亜です。」

「加瀬優里亜さん。あなただって、翔の事…心配で、こうやってわざわざ翔の部屋に…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋