ドキドキ 真っ赤な顔で葉月、そのままドアの外に。

伸永、
「えっ…???えぇぇぇぇ…???」
そして、靴を脱いで、
「お邪魔…。」

そしてリビングに…。

壁にただ茫然と立ち尽くしている優里亜。青ざめた顔をして…。

伸永、その顔を見て、目をパチクリさせて…、
「加…瀬さん…???…え…っ。なんで…???」

口を噤んでいる優里亜。立ったままで、体を縮こまらせて…。

伸永、
「か…翔さん…???」

翔、ゆっくりとリビングに…。
「尾田…ちゃん。」

伸永、また、
「か…け…る…さん。」
そして優里亜を見て、
「加瀬…さん…。」

その瞬間そのままベッタリと床に腰を落とす優里亜。

翔、
「優里亜…。」

伸永、茫然としている優里亜を見て、
「加瀬さん…。」
伸永、翔に振り返って、
「どうして…加瀬さんが…ここに…???」

優里亜、黙ったままで床に目を…。そして、小さくポツリと…。
「ご…、ごめん…なさい。」

伸永、
「加瀬…さん。」
そして、また振り返って、翔を見て、
「翔…さん。」
そして、
「…七瀬さん…。悲しませないでください。」
そして翔にコクリと頭を…。
「お願いします。」
そのままその場を離れる伸永。

バタンと玄関のドアが閉まる。

部屋の外。

下を見下ろすと電柱に奈都美と葉月。奈都美が電柱に頭を…。
そんな奈都美を抱きかかえるように葉月。

そんなふたりに近づいて伸永、
「七瀬さん。カンちゃん。」

葉月、顔だけ伸永に振り返って、涙を流しながら、
「尾田…ちゃん…。」

伸永、
「帰りましょ。」

葉月、奈都美の右肩を撫でながら、伸永の顔を見て、
「うん。ナツ〜〜。」

伸永、奈都美の背中に近づいて、
「七瀬さん…。」

その瞬間、奈都美、いきなり後ろに振り返って、伸永に、
「ノブ――――――っ!!!!」
抱き付く。

葉月、そんな奈都美の行動に、
「!!!!」

伸永、
「おっと〜〜。」

奈都美、伸永に抱き付きながら、
「あ〜〜〜ん。」

目をパチクリとさせながら葉月、
「ナツ…、あんた…???」

わずか1分足らず。伸永を抱しめながら奈都美。
少しずつ気持ちが落ち着いて…。

奈都美、伸永から体を離して…、
「ご…、ごめん…。」

葉月、伸永と奈都美をただ茫然と見ながら…、
「ナ…、ナツ…???」

そして奈都美、今度は葉月の左肩に、凭れるように…。

葉月、そんな奈都美を抱きかかえるように、
「ナツ〜〜。」

伸永、
「帰りましょ。」

葉月、
「う…、うん。」

歩き始める3人。葉月の左肩に凭れるように奈都美。
そしてそんな奈都美を支えるように葉月。

葉月、少し、いじわるそうな声で、
「ナツ~~。もしかして、あんた…。尾田ちゃんの事…。」

その声が奈都美には聞こえなかったのか、
ただ下を見て歩いている奈都美、無反応。

葉月、今度は奈都美の左肩をトントン。

その時奈都美、
「へっ…???…何…???」
ふいと葉月を見て、虚ろな眼差しで…。

そんな奈都美を見て葉月、思わず、
「ふっ。いいやもぅ~~。」
空を見ながら…。
「尾田ちゃ~~ん。帰るよ~~。」

ふたりの後ろで伸永、
「はい。だから…歩いてますけど…。」

その声にも葉月、
「ぷっ。だよね~~。」

そのまま…、3人共に、それほど話す事もなく駅に…。
そして改札を通り、ホームに…。数秒で電車が…。
電車に乗り込めば、丁度空いたシートに奈都美と葉月。
伸永はふたりの前でつり革に捕まって。

電車が動く。

葉月、奈都美をしっかり自分の右肩に寄せ付けて。

そして奈都美と葉月の最寄り駅。
ホームに降り、そして階段を…。そして改札を通り…。

葉月、
「ナツ~~。帰ろ。」
そして後ろを向いて、
「尾田ちゃん…、ありがと。もぅ…いいよ。」

そんな葉月に伸永、口を尖らせて。

「…とは…言え…。かかかか、ここまで来て、ありがと。もぅ…いいよ。…は、ないよね~~。」
そして葉月、伸永に向かって右手で招き。

ゆっくりと歩きながら…。

そして奈都美の家。

伸永、
「ここですか~~。」

葉月、
「うん。ナツの家~~。七瀬家。」
そして奈都美の体を…。
葉月、奈都美を前に、両肩に手を、そして押して、
「ほぃ。」

奈都美、グラリと体を前に。
そして止まって、葉月に振り返り、葉月の左肩に頭をポン。
「ありがと。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋