ドキドキ 翔、姉の話を聞きながら、右人差し指と親指で顎を撫でながら…、
「ふ~~ん。」

泉美、
「よいしょっと。」
ベッドに背を付けていたのを直し、正座をして、
「かあさん。帰ろ。ふん。納得。」

鈴江、
「えっ。え~~。うん。」

「今…、タクシー呼ぶから…。」

そして数分後。鈴江は先に部屋の外に。

靴を履きながら泉美、
「とにかく、その左。早く治るよう。まさか、かあさん、横須賀からここまで毎日通う…。」
そこまで言って顔を傾げて、
「…???…2時間は掛かるか…???…でも、まっ、無理でもないけど…。とうさんいるから…。かあさんいないと、何にもできない人だから。今頃、家の中、散らかってるよ、多分…。私も…ちょくちょく…顔出すわ。」
ドアに手を預けたまま。
「…とは言っても、また…その元カノさん…、来るんじゃない…???」

翔、
「やれやれ…。」

「もしかして…、私やかあさんと偶然にも、バッタリ。な~~んてね。かかかか。」
そして、
「ふふん。私は…、そっちの方が…面白いけど…。」

「何言ってんだよ。」
「ほらほら。早く寝た寝た。怪我人。もうすぐ明日だ。」

「…って、そっちがこんな時間に、させたんだろ~~。」

泉美、
「シッシッシ~~。じゃね。おやすみ。」

「あぁ。」

そして泉美、
「かあさん、行こ。」

靴音が遠ざかる。部屋の外に翔。

歩きながら翔に手を振る泉美。
そんな姉を見ながら顔を傾げる翔。

走り去るタクシー。

「さてさて。これからあやつはどうなるか…???まっ、どっちに転んでも、私は良いけどね~~。」
泉美。

そんな娘に鈴江、
「何言ってんの~~。他人事みたいに~~。」

「時に男女、思い通りには…行かない場合もある。…ってね~~。…けど…、逆手に取れば、そっちの方が、結果的には上手い方向に向かう場合も…あり。」
そして泉美、思わず、
「ぷっ。」
そして、
「かかかかか。考えてみれば…。」
そしていきなり母親の左肩を右手でペン。

「痛っ。な~~に~~。いきなり~~。」
鈴江。

「とうさんとかあさんの時と、似てるとこあるじゃん。翔~~。一番好きな人とは、結局は無理で…。灯台下暗しで、やたらと自分の事、相談に乗っていた人と、むっすばっれた~~。…って。…けどその人は~家事一切だめ~~。キャッハハハハハ。」

その話を聞きながら鈴江、
「…ったくもぅ~~。」
娘を見ながら、困ったような笑みで…。

「けど…。……、ん~~。そうね~~。かあさん…。懸命に好かれようとして…。焦って、バカやって…。迷惑掛けて…。真っすぐだったもんな~~。…けど、いっつも、姉弟のように何でも話し合えて、慰めてくれて…。相談に乗ってくれて…。そして…、一番好きな人が、いつの間にか、かあさんとは別の人を…。それでもかあさんを支えてくれた人…。」

泉美、
「ふふ。とうさんね~~。」

「ふふ。とうさん…いなかったら、あんたも翔も…、生まれて来なかった。」
そして、
「こんなに綺麗になって…。」

「翔も結構…、イケメンだもんね~~。背も高いし。ふふん。」
母親の顔を見てにっこりと泉美。

「誰に似たんだろ…???」
鈴江。

その声に一拍置いて泉美、
「さ・あ…???」
にっこりと…。
「とうさんじゃ…ないと、言う事だけは…、確か。かっかかかか。」

鈴江、
「ぷっ。今頃、布団の中でクシャミしてるよきっと。」

泉美、
「うんうんうん。なんともお笑い芸人だもんね~~。とうさん。どう見たって、かあさんとは…アンバランスだよ~~。かかかか。」

「な~~に言ってんの~~。顔じゃない。心だよ~~。」
「はいはいはい。耳にタコ出来てますよ~~。ヨシ、着いた~~。かあさん、行くよ。」

鈴江、
「はいはい。」

駅に入って、鈴江、
「あんたの新しいトコ、世田谷だっけ…???」

泉美、
「うん。まっ、前のとこと、大して事務所まで距離、変わんないし…。」

鈴江、
「ふん。ふんふんふん。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋