question-mark-2405197_1280_20210206170248fca_2021030121544334e.jpg

いただいた質問に回答してまいります。

質問をされた方に1点お願いがありまして。
回答への感想、反論、質問など何か反応をいただけると嬉しいので、できればお願いします。

2月9日  chaoben  様

収支均衡型セミリタイアとは?
ヤフーニュースから始めて拝見しました。
今回の記事とずれますが、”収支均衡型セミリタイア”とはなんですか?
ネットで検索しましたがよく分かりません。
普通に働いて(正規、フリーランスどっちでも)収入を得て、普通に生活して支出があるのと、どう違うのでしょうか?
金村さんも普通の生活に見えます。これを”収支均衡型セミリタイア”というのなら、違いは資産が数千万あるということでしょうか?

(元記事) セミリタイアの最低条件

追記 2月13日 chaoben  様

収支均衡型リタイアとはをその後考え続け、=”FIRE”と同義かと思い直しました。
しかし、今回の記事で、やはり、金村さんの生活も一般人と同じだと感じました。
FIREならこんな我慢をしないと思ったからです。
私は(も)資産だけで何もしないで生活したことがあります。
地獄でした。刑務所の生活はこうなんだろうなと感じ鬱になりかけやめました。
Q&Aで収支均衡型リタイアとはの答えを楽しみにしています。

(元記事) 短期レギュラーバイト12週目 あまりに失礼なら言い返すべきか?

収支均衡型セミリタイアとは、収入≧支出状態ですが、仕事を量的・質的にも抑えて閾値以下にする生活スタイルです。

仕事の量や質(難易度)とストレスの関係って、単純な比例ではないと思っています。
ある一定以上(閾値以上)になると、一気に負担感が増してきます。

週5フルタイムで働く人(chaoben 様の言う一般人)で、仕事が閾値以内の人にとってはメリットはありません。
一方で大きな負担を感じている人なら、閾値以下に下げることで、収入が1/4~1/5になっても、仕事の負担感は1/10に激減する可能性がある。

ご指摘の通り、ある程度の労働を許容している以上は、我慢することはあります。
しかし、それが閾値以下に留まるのであれば、大したストレスにもなりません。
一般人であれば、仕事外の時間に悩んだりすることもあろうかと思いますが、そこが大きな違い、メリットだと思います。

もちろん、いざ達成さえしてしまえば完全リタイアやFIREのほうがいいには決まっています。
ただそのためには、多額の資産やスキルが必要。

多少の労働を受け入れることで、達成のハードルを下げて早期に実現可能な方法として、収支均衡型セミリタイアは検討に値するかと思います。

2月10日 オーナー 様

いい記事が目に留まりました。
年金月支給予定額9万に対して、「それだけあればまあいいや」と考えますか?
自分はキムさんより歳上のセミリタイアですが、年金支給予定額の少なさと、また長生きしてしまうリスクに不安を覚え、国民年金基金かiDeCoをかけようか迷っています。
それらについてのキムさんの見立てをお聞きしたいのですが・・・

(元記事) ねんきんネットを使ってみた

老後になると、病気や介護のリスクも出てくるので、過去に計算してみました。

老後資金はいくら必要か考えてみた①

年金9万円(年108万円)の低収入なら、医療・介護費はMAXでも年34万円。
65歳時点で、3,000万円弱持っている計画なので、まあ余裕でしょと。

必要な年金額や資産額は、医療・介護費用のデータが必須。
それらの計算と、どの程度の生活を望むかを想定して、追加で年金を払うか否かを判断されるといいと思います。

2月13日 くるる 様

税金滞納者の延滞金を自腹で払う 職員を減給処分
https://news.yahoo.co.jp/articles/9972a188a9e1bbba58c942facbb9f8842aa5b9ba
キムさんはこの公務員のことどう思われますか?

(元記事) 確定申告の還付金が早すぎてビビった

向いていないと思います。

あくまで推測ですが、税金の徴収成績で強烈なノルマがあって、達成できないと上司から叱責を受けるってことはないと思います。
同僚から露骨にバカにされるってこともないでしょう。

成績が出て周りにも分かるので、気まずい、恥ずかしい、注意を受けるかもしれないって類。
本人も「滞納者を減らしたかった」と言っている通り、それに耐えきれずにやってしまったのではなかろうかと思います。

僕もそうですが、普通の人が悩まないことでも、深く思いつめてしまう事柄があります。
退職時に「とても務まりません」と伝えると、「普通にやっていけてて、大丈夫なのに・・・」と励ましてもらいましたが、悩んでしまうものは悩んでしまうので、どうしようもありません。

2月28日 所々 様

キムさんが公務員の時代からブログを拝見しておりました。
いつもありがとうございます。

1点御相談させて下さい。
脱サラを検討しています。
下記の経済的な状況から独立が可能と思いますか。

★年齢
 28歳

★年収  (2020年分)
●会社員 約440万円
●副業  約700万円

★年間の支出
 約150万円(今後の予定)

★資産
 約2870万円
 (6割株式投資)

相談相手がおらず、客観的な意見を求めています。
個人的には半年後に独立が良いかなと思っています。
様々な御意見、御感想を頂けると助かります。
宜しくお願いいたします。

(参考) 短期レギュラーバイト終了 感じたことのまとめ

副業年収700万円、年間支出150万円、総資産3,000万円弱。
独立希望があって、これで辞めない理由って何かあるんですか?って印象です。

強いて言えば、700万円がどれぐらい安定性があるのか?の点です。
でも、資産もあるし、何よりも年間150万円で生活していける能力があれば、マジで何とでもなると思います。

せっかくやりたいがあって、辞められるタイミングもあるなら、辞めなきゃもったいないぐらいに感じますね。
Source: Time is money  キムのお金日記