義母から引き継いだ犬が私になつかない。
朝の散歩に行こうとすると、まるで私から日頃虐待を受けているかのように震えて怯え、目をふせて別の部屋に隠れてしまう。
私なりに生活の中で撫で、声をかけてみたりするが、これほど嫌われているとは笑ってしまう。

その事をスカイプ中にオカンに話すと「その犬、義母さんが張り付いてるからちゃう?」と笑う。
夫には異常なまでにスキンシップを図ろうとする犬であるが、私には目を合わせる事もなく、同じ部屋で2人きりでいると、時々私の様子を確認し後ろから殴って来ないかどうか確認しているような感じである。

おやつを与えてまでなついて欲しいなどと思っていない。
こっちにもプライドがある。
やる事はやっている上で嫌われるなら、それこそ上等である。
こう書きながら、ホンマや・・・オカンが言うてたみたいに・・もしかしてあの犬の後ろに義母が・・・
今日も微妙な距離で暮らす。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記