ドキドキ 始終ニコニコ顔の鈴江。もう一度、翔の薬をチェックして、
「明日、かあさん…、早く来て、これ…やっちゃうから…。」

翔、
「は~~い。」

「…ってか、なんで…あんた…、こんなことに…???」
泉美。

その声に鈴江が、
「ふん。実は~~。……。」

「ふ~~ん。…って事は…、まだ…その犯人…。」
「まっ。すぐって訳には…。顔も見てないってんだから…。」

翔、
「ふん。」

泉美、立ち上がって翔の左に腰掛けて、吊るされている腕に、
「うわっ。固っ。」

鈴江、
「明日、かあさん、ここ来て、それ終わったらあんたの会社…行くわ。」

翔、
「あぁ…。」

「あんたの事…、その…部長さんに…お礼しなきゃ。」

泉美、
「うんうん。」

「それに…。」
鈴江、ニッコリと、
「かあさんにも…、その子…紹介しなさいよ。お父さんには…その後でもいいから。」
嬉しいそうに…。

翔、途端に、
「はぁ~~あ…???」

泉美、
「いやいやいや。何が、はぁ~~あ、よ。あんなに料理…上手な子~~。」

翔、
「いや…。上手な子って…言われても…。」
また、口をぐんにゃりとさせながら…。

そんな翔を見て、鈴江と泉美、顔を見合わせて、
「…???」

鈴江、
「な~~に言ってんの~~。さっきも電話来て、外で…。」

泉美、
「えっ…そうなの…???」

「うん。」
泉美に首をコクリと鈴江。

途端に翔、右目を瞑って、口をへの字に…。

泉美、眉を吊り上げて、
「ん~~~???翔っ!!!」
目を真ん丸く、口を今度は尖らせて。
「なんか…変…ねぇ~~。」

翔、
「あんだよ…???」

「あんた…、何か…隠してない…???」
「何を…???」

「もしかして…、かあさんに…その子…、紹介できない理由…。」

翔、またいきなり、
「はぁ~~あっ!!!」

「ほらまた出た、その、はぁ~~あ。」
翔を笑顔で睨みながら泉美、
「これはチト。な~~んか…怪しいね~~。こらっ、白状しろ。怪我人っ。」

翔、
「は…、白状しろって…。んな…。」

「言わなかったら、今夜は帰らないからね。あんたにはかなり…苦痛だよ~~ん。」
泉美、にっこりとしながらも睨むようらに…。

鈴江、可笑しがって、
「ぷぷぷ。泉美~~。あんた…面白い事言うね~~。」

「だ~~って、当たり前でしょ、かあさん…気になんない…???」
「そりゃ、気になるよ、大事な倅の彼女…なんて~~。」

「でしょ、でしょ。」

母親と姉、のべつまくなし。

翔、とうとう右膝に右肘を…。そして手のひらを顔に。
「う~~~。」
そして今度はベッドに背中から、
「あ~~~。」

そんな翔を左側には触らないように、背中を起こして泉美、
「ハッキリしろ~~。」

翔、
「なんだよ、もぅ~~。俺…、今、病人。」

「だから~~。話したら、帰るから~~。」

そして今度は翔、そのまま右に倒れて…。
その時、尻から落ちて、その瞬間、衝撃が左側に、
「痛って~~。」

鈴江、
「翔っ。」

泉美、
「だから…言わんこっちゃない~~。」
翔の体を支えるように泉美。

鈴江、
「翔~~。かあさんも泉美も、翔の事、心配だから…。」

翔、
「分かってるよ~~。…ったく~~。」
そしてぼそりと、
「冷蔵庫の…彼女じゃない…。」

泉美、
「えっ…???…今…なんて…???」

鈴江、
「なんだか…、モゴモゴと…。」

「翔っ!!!」
そして翔の左肩をペンと…。するのを空振りして…泉美。

翔、
「だから~~。冷蔵庫のそれ…。彼女じゃない。」

泉美、
「へっ…???…彼女じゃ…ない…。…いやいやいや。…でも、それじゃ…。」

翔、もはや…どうしようもなくなり、
「さっきの…、電話が…彼女。」

今度は鈴江、片方の眉を吊り上げながら、
「へっ…???」
泉美を見て、
「どういう…事…???」

「今、冷蔵庫の、その子とは…付き合っていない。」

泉美、鈴江の顔を見て、
「いやいやいや。でも…。それじゃ…、なんで…料理…???」

翔、母親を見て、
「だから~~。勝手に入ってきて、勝手に料理作って、帰ってったって…。」

鈴江、その声に、
「あっ。あ~~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋