ドキドキ 泉美、
「…って~~事は…、まだ…、続いていると…。」

鈴江、
「ねね、泉美~~。どんな子…???」

「…どんな子…って…。ん~~。」

小さな声で翔、
「ね…姉ちゃん。」

「髪は…ロング。目、鼻立ち…。ん~~。ファーストインプレッション。うん。可愛い。…身長は~~。翔が…180は…あるから…。翔の…肩…くらいまで…、かな~~。」

鈴江、
「ふ~~ん。」

「あっ。これから私…、そっち行こうか…。」

翔、
「うそっ。」

鈴江、
「へっ…???あんた…???これからって…、来れるの…???今…何処…???」

「仕事…終わったから…。うん。大丈夫よ。どうせ、かあさん、今夜…横須賀、帰る気…ないでしょ。…とは言っても、翔の部屋じゃ…、むさっ苦しくって…。」

翔、ボソっと、
「余計なお世話だっつぅの…。」

「まさか…怪我人…絨毯で寝て、かあさん…、ベッドなんて…。くく…。帰りは…私の部屋にくればいいんだから…。」

鈴江、少し考えて、
「ふん。そ~~ね~~。あっ、そう言えば、泉美、部屋…引っ越したんだっけ…???」

「うん。今年の4月にね~~。一応…、LDKですから~~。」

その声に翔、
「悪かったね~~。ワンルームで…。」

泉美、
「腕時計見ながら、今から…だと、30分くらい…かな…???」

「うん。じゃ、待ってる。」

翔、
「お~~い。勘弁してくれよ~~。」

泉美、
「じゃね~~。」

プツリと通話が切れる。

鈴江、
「怪我人は…黙ってなさい…。」
ぶすっと鈴江。そしてにっこりと、
「ふふん。」

翔、
「…ったく~~。」

お風呂上りに奈都美、
「よいしょっと…。」
ベッドに胡坐を掻いて、そしてスマホの履歴に指でトン。

…けれども、相手が出ない。

奈都美、耳にスマホを…、
「あれ…???…もぅ…、寝ちゃった…???」

ベッドの枕の傍のスマホに何度も着メロ。
一度は相手の名前を見て…。けれどもそのまま…。

鈴江、不思議に思って翔に、
「電話…出ないの…???」

コールが一旦止まる。

翔、
「いいよ…。」
むすっとしながら…。

鈴江、
「変な子ねぇ~~。」
そして、
「ふん、」
立ち上がりキッチンに…。

また翔のスマホに着メロ。それでも翔は出ない。

鈴江、キッチンから顔を出して、
「出てあげなさいよ。」

翔、ぶすっとしながら、
「…ったく~~。」
そしてようやくスマホに…。

スマホの向こう、
「翔…???…ごめん、寝てた…???」

その声に翔、
「あ…。ちょっと待って…。」
スマホを持ってそそくさと玄関に…。
鈴江の後ろを通って…。

鈴江…、笑いながら、
「ふふん。」

ドアを開けて外に…。
「ナツ…。ごめん…。」

奈都美、ルームウェア姿で、
「えへ…。どしたの…???」

翔、廊下のバルコニーに体を預けて。
「かあさん…、来てんだ…。」

その声に奈都美、
「えへ…???あっ。あ~~。は~~ん。おかあさん…。」
そして奈都美、
「うん。そっか…。はは。だよね~~。おかあさん…来てたら…、電話…、出づらいよね~~。」

翔、
「ご、ごめん。…で、今…、部屋の外…。」

奈都美、
「部屋の外…???」
眉毛をくぃっと…。
「ぷっ。な~~にやってんのよ~~。…それで…、具合…どお…???」

「ん~~。あれから…寝てたら、いきなり…チャイム鳴ってさ。」

奈都美、
「ふんふん。」

「…で、これから、何の展開か分かんないけど…、姉も来るんだと…。」

「へっ…???お姉さん…。」
「ふん。」

「そっか~~。」
ベッド上で胡坐を掻き、体を前後に揺らしながら奈都美、
「うん。でも、翔、おかあさん、お姉さんも…、やっぱ…それじゃあ、心配しちゃうよ。」

バルコニーに右手を掛けて、そして部屋のドアを見て、
「ふ~~。勘弁してくれよ。…で、これから…。」

奈都美、
「かかかか。この際、しっかりと…、甘えてもいいんじゃない…。」

「甘えてもって…、ナツ~~。」
「仕方ないよ~~。本当は私が、翔のとこ、行ければいいんだけど…。」

翔、
「あ…。あ~~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋