ドキドキ 「おはようございま〜〜す。」
元気に笑顔で奈都美、商品企画開発部。

康、
「おぅ、おはよう〜〜。」

靖子、
「あっは〜〜。おはよう、ナッちゃん。かかか。昨日、翔と…。ん〜〜〜???」
ニッコリと。

奈都美、笑顔で頭を傾げて、
「ふふ〜〜ん。」

そして、社員が出社。

伸永、
「おはようございま〜〜す。」

内海、
「おぅ、おはよう。」

奈都美、そんな伸永を見て、瞬間、顔を赤らませて…。
けれども頭の中で、
「…やばい、やばい。」

そして伸永の隣、翔はまだ出社していない。ミーティングまでは時間はあるが…。
康、キョロキョロとさせて、内海に目を…。
内海、そんな康に首を横に。

康、
「珍しいな…、翔が…、まだって…???」

その時、内海のスマホに着電。相手の名前が、瀧澤。
「おはようございます。」

瞬間、
「庸ちゃん、翔、病院に連れてく。」

内海、
「はいっ???」

近くの交差点、横断歩道の信号が青から赤に。丁度そこに通り掛かった翔。
横断歩道の真ん中で、シルバーカーを押している老婆。立ち止まってうろうろとしている。
他の車両は停止したまま。

翔、心配でその老婆の下に。
そこに空いている車線から走行してきた二輪車が、
停止している車の陰から勢いよく出てきたかと思うと、
ふたりの人物に気づくも避け切れずにふたりに衝突。
シルバーカーを押していた老婆も転倒。翔はその衝撃で転倒して転がり。
二輪車の人物も二輪車の下敷きになって倒れた。
…が、急いで起き上がり、そのまま二輪車を起こしてエンジンを掛け、走り出す。

その状況に丁度歩道を歩いていた瀧澤。
「翔っ!!!!ちょっ…。」
その場に駆け付けた瀧澤。
「おばあちゃん。」
そして、
「翔っ!!!」
既に見えなくなった二輪車。
「なんてこと。」

車から降りてきた男女の2名。
「大丈夫ですか???」

瀧澤、
「すみません、救急車…お願いします。」

男性、女性に…。女性頷いて。

そこに真ん中の車線の一番前の車両の窓を開けて男性、
「なにやってんだよ~~。さっさとどけろよ~~。」

その声に瀧澤、形相を変えて、
「おだまりっ!!!何が起きたか、分かってんでしょう〜〜。」

後ろの車両からも降りて数人の人。
「大丈夫ですか〜〜???」

翔はまだ起きる事が出来ずに…。

但し、シルバーカーを押していた老婆はシルバーカーと一緒に倒れたものの、
ヒョイと自分で起き上がり、
「あいたたたたた。」

瀧澤、
「おばあちゃん。大丈夫ですか~~。」

老婆を優しく横断歩道から歩道に見守る男女。

ようやく瀧澤ともうひとりの男性とで翔を起き上がらせ…。

その時、丁度その場所に通り掛かったこちらも二輪車。
こちらも二輪車から降りて、
「どうしたんですか~~???」
オートバイ用のレザースーツの女性。

瀧澤、
「すみません。ちょっと…事故があって…。」
男性を抱えている女性の顔を見て、フルフェースの中から、
「瀧澤…部長…???」

瀧澤、
「えっ…???」
そして抱えている 男性を見て、
「うそ。翔君…???」

瀧澤、女性に、
「あな…た…???」

フルフェースを頭から、
「紀本です。」

瀧澤、目を真ん丸く、
「なんと…。」

その時いきなり、さっきの車両の運転手、窓を開けて、
「おい。覚えてろよ〜〜。」

千尋、後ろを振り返り、
「えっ…???」

瀧澤、翔を抱えながら、ムスっとした顔で、
「なんてひとなの。」

爆音を轟かせての車両は走り去る。

一緒に翔を抱えている男性、
「どっかのチンピラっすかね〜〜。それより…。」

瀧澤、
「あっ。」

瀧澤に駆け寄る男女、
「その人、大丈夫ですか~~。」

瀧澤、
「すみません。ありがとうございます。おばあちゃん…???」

「えぇ…、ちょっと待ってもらってます。これから救急車…。」

遠くからサイレンが聞こえる。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋