自己破産は終わりました。あれから半年以上経つでしょうか。借金に追われる日々はなくなりました。

嵐の後の静けさみたいな感じです。もう、お金に縛られることはありません。まだ、税金の借金は残っていますが・・・。

現金支払いが当たり前

お金の使い方で不便になったことは、いろいろあります。

amazonとか楽天の買い物は、すべて、コンビニ決済か、銀行振り込みにしないと買い物できません。

 

クレジットカードが使えないからです。

また、電車に乗るときは、現金で切符を買わないといけません。ICカードが使えないからです。

 

今まで、当たり前のようにクレジットカードやICカードを使って、便利なカードを使っていましたが、今では現金支払いが当たり前と言うか、そうせざるを得ないというような感じです。

金融機関からの信用を失墜状態

コンビニで買うにしても、スーパーで買い物するにしても、すべて現金で買い物しないといけなくなります。

財布を忘れたら買い物できませんし、でかけることもできません。

 

完全に現金主義にならざるを得ない感じになりました。

それ以外で不便なことと言ったら、お金を借りれなくなりました。

 

先日、試しに10万円、銀行の融資を申し込みしてみましたが、案の定、審査却下されました。

もう、お金を借りることもできない状態になりました。

 

金融機関からの信用を失墜状態になってしまっています。

ブラックリストに入っているのでしょう。

 

他にも不便なことは、住宅ローンを借り入れしていた銀行の口座が凍結されたまま、使えないとか・・・です。

 

要所要所でお金に関することで不便さを感じております。当然の報いだと思います。

死にたくなってしまう

自己破産して1000万円の借金がなくなったのですから・・・。

それに引き換えて現金しか使えない状態、借金できない状態に追い詰められました。

 

それ以外、特に不便は感じておりません。

現金が手元にないと買い物できない、電車に乗れないくらいでしょうか。

 

今は、うつ病、アスペルガー症候群の精神病を患っていて、障害年金暮らしをしております。

食べる気力がなく、お風呂に入る気力がなく、不潔になっております。

 

布団の中でモゾモゾしているだけの日々を送っているだけです。

精神内科から薬をもらいますが、効いているのかどうかよくわかりません。

 

ただ、飲まなかったら、死にたくなってしまうので、飲んでいると死にたい気持ちが湧いてこないので、薬は効いているのでしょう。

 

自己破産が終わってからも、借金の面では精神的な負担はなくなりましたが、現金主義になり、布団の中でうずくまっているだけの人生を送っています。

自己破産、終わって、その後はブログ、1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した体験談ブログに掲載された記事です。

Source: 1000万円以上滞納したうつ病の一人暮らし自己破産した僕の借金体験談