p2188.jpg

そんな生活で楽しいのか?

セミリタイアの宿命とも思いますが、こんな質問を耳にタコができるぐらい受けてきました。
直接言われないにしても、言葉の端々にこんなニュアンスを感じます。
先日YAHOOニュースに載った際にも、ヤフコメ民に手厳しい指摘を頂戴しました。

せっかくなので、現時点での回答をしておこうと思います。

答えは、「絶対的には結構楽しいけど、相対的にはまだまだな気もしている」となります。

分かりやすく点数化すると、自己採点では85点です。

大きな悩みはなく、時間的余裕を使って日頃は趣味を楽しんでいます。
2ヶ月に1回程度旅行に行き、一番やりたかった移住生活も実践中。
決して贅沢はできませんが、欲しいものがあればある程度買うこともできます。

以上を踏まえると85点となり、点数だけを見るとええ感じかなと。

しかし、そもそも100点満点での85点なのか?
実は、満点は500点ぐらいあるんじゃないか?って疑問がしばしばよぎります。

例えば、昨夏に19型から32型のテレビに買い替えました。
それまでは19型でも普通に見られるし、何の不満も感じていませんでした。
でもいざ32型で見ると全然違うし、19型でなんてショボい映像見ていたんだろうと。
2万円ぐらいのものなので、もっと早く買い替えておけばよかった・・・
「19型のテレビで全然ええやん」と思っていた自分の視野が狭すぎました。
1人暮らしでも32型テレビは普通であり、多くの人はこういう楽しみを享受していたのです。

絶対的な点数が85点なのはいいことだし、セミリタイア前からすると50点はUPしました。
足るを知ることは大切だし、隣の芝ばかり見ていてはいけません。

しかし、絶対的楽しさだけで満足するのは、ある意味では自慰行為。
みんなはどういう風な生活をしているんだろう?と相対的な視点も持っておかないと、発展がないし、機会損失にもなりかねません。

大事なのは、絶対的と相対的のバランス。
これまでを振り返ると、絶対的に振れすぎていた気がするので、もう少し周りを見ていきたいと思う今日このごろ。

今年はギラギラしていきましょう!
Source: Time is money  キムのお金日記