大安ケイコです。

フラッシュにコメントが掲載されました。

天下の岡野あつこ先生と並んでてすんごくビックリしました!

実は私、AKBのエースだったころからマエアツさんのブログを見てました。
AKB時代のあっちゃんってやっぱり輝いていましたよね。
毎朝めちゃくちゃ豪華な朝食がお母さんの手によって並べられてる写真を見て、愛されてるなー、だけどちょっと過剰すぎないか?と思ってました。
親に過剰な愛情を受けて育つと、夫となる男性にも過剰な愛情を求めます。
結婚って、お互いに違う価値観で育ってきてるわけですから一緒に暮らせばそりゃ自分の思い通りに相手が動かない時は多々あります。
そんな時、精神的に成熟していれば違いを理解出来るので二人が穏やかな時間のときに「提案」として「ここはどうしていったらいいか」と話し合いの場を持ちます。
成婚者さんで旦那さんとうまくいってると話してくれる方々はだいたいこのパターンです。
相手を尊重し、自分も尊重出来ているのです。
でも今回のあっちゃんの様々な離婚報道を読んでいると勝地さんが思い通りに動かないと怒鳴り散らす。
同じマンションに住んでるお母さんのところに入り浸る。
もちろんまだ赤ちゃんが小さいですからご実家を頼るのは悪いことではありません。
けれどご実家でお母さんと旦那さんの不満ばっか言って、お母さんからも賛同しまくられているともっともっと夫との間に溝が生まれ、夫との関係が修復不可能になるのです。
私は「お母さんから自由になれば結婚できる。」と言う本を出してますが、結婚するときはあくまでもお母さんから独立するんだ、という覚悟を持たないといつまでもお母さんに甘えて結婚生活がうまく成り立たないと思っています。
私のところにも男性から「嫁が嫁のお母さんと仲が良すぎて自分を罵倒してくる」と言うご相談が時々あります。
結婚はあくまでも、夫と妻となる二人の関係の土台作りが大切です。
結婚したら、母から精神的にも独立していきましょう。
皆さまのハピ婚を応援しております。

Source: 二人にひとりが結婚している!大安ケイコのハピ婚相談所