ドキドキ  「…で、で。どんな感じ…???」
優里亜。

翔、
「ふん。さすがにアレフーズ、とにかく大胆だよ。俺なんか着いて行くの必死。」
そして、
「…な~~んだけど…。なんていうの…???…刺激があるんだけど…。なんか…こぅ~~。気持ちが良いっていぅか…。」

資料を見ながら優里亜、
「うんうんうん。これ、見てても分かる。へぇ~~。ここまで出来てるんだ~~。」

「紀本主任、さすがに凄いよ。伊織さんとタメなんだって。」
「うそ。そうなの…???」

「うん。…だから、伊織さんと紀本主任、話、合う合う。」

その声に優里亜、右目を瞑って、
「あっちゃあ~~。そりゃ、プレッシャー、掛かっちゃうな~~。」

翔、
「へっ…???どうして…???」

優里亜、
「あっ。その前に、何か…食べよう…。翔、ビール飲むでしょ。」

「あぁ…。うん。」

優里亜、ボタンを押して…、
「ふふ。何とか…、食欲も…出てきた…。な~~んてね。」

翔、
「はは。おぅおぅ。いいじゃん。」

そしてふたりともに料理を食べて。

優里亜、
「ふ~~ん、そうなんだ~~。主任以上の食事会で、瀧澤部長、そんな風に…。」

翔、
「うん。…俺だって、最初に、主任に進捗…話してるとき、話…上手でさ。しかも…主任、声…良いもん。」

「うん…。まぁ…声は良いよね~~。あの人、アナウンサーだったら、凄いかも…って、思ったくらいだから…。…けど…、会話…的な…会話…って…、営業の女性社員も…滅多に…。」
「へぇ~~。そんな風に見えないけど…。」

「殆ど…男子と喋っている方が…多い…かも…。」

「ふ~~ん。」
そして優里亜の顔を見ると、思わず、
「ぷっ。」

優里亜、
「な~~によ~~。」

翔、自分の顎に右人差し指を付けて。

優里亜、
「…ん…???」
自分の顎に指を…、
「あっ。」
カルボナーラのスープが…。
「もぅ~~。」
そして翔の左脚、脛をパンプスの先でコツンと。

翔、
「痛て。」

優里亜、にっこりと、
「ふふ。ありがと。」

そして店を出てふたり、
「いやいやいや。美味しかったね~~。ここ~~。」
優里亜。

翔、
「あ~~。…しっかし…、ここに…蕎麦屋…あったんだぁ~~。」

「うん。」
優里亜、スキップしながら翔の前を。そして振り返って、
「翔、ありがとね。」

「どういたしまして。」

優里亜、
「ふふ。」
そして翔の隣に戻ろうと前に、
その時、パンプスの爪先が丁度、歩道、タイルの欠けたところに突っかかり、
翔の前に体が…。

翔、思わず、
「お~~~っと。」
翔の体に優里亜の体。翔、いきなり優里亜をがっしりと抱き締める感じになって。

翔の顔の下で顔を上げる優里亜。

少しだけ顔を上げる優里亜。
「ありがと。」

殆ど、鼻と鼻の間が2センチほど…。

自分の体で感じる優里亜の体。
「優里亜…。」

優里亜の唇のすぐそばに翔の唇。
もはや…。

その瞬間、優里亜、顔を逸らして…。
「だめ。人が見てる。」
すぐさま翔から離れて、翔の右側に。そして翔の右腕を両腕でがっしりと絡めて。

翔、
「…ご、ごめん…。…俺…。」

優里亜、
「ううん…。いいの…。翔…???」

翔、黙ったままで…。

「嬉しかった…。」

翔、
「えっ…???」

優里亜、
「私…。卑怯かも…知れない。」
そして、首を振って、
「ううん…。いやらしくって、嫌な女かも…知れない。…悪い女かも知れない。」

翔、歩きながら優里亜のその声に、
「何言ってんだよ。」
自分の右肩までしかない優里亜の身長、顔は見えない。

優里亜、
「勝巳が会社、辞めて…。」

翔、
「……。」

「むしゃくしゃしてて…。」
そして。
「毎日、何をどうすれば…。」

「……。」

「そんな時、久し振りに会った友達から、ガツンと。……。そして…。……。」
言葉が途切れる。

翔、
「…そして…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋