学校教員は週2で自己検査キットを使い、自分でコロナに感染しているか否かを調べねばならない。
陽性が出てしまったら自分の担当するクラスを2週間閉鎖せねばならず、そうなるとキーワーカーを保護者に持つ児童であっても自宅待機となるため、特にコロナ最前線で働いている医療従事者が仕事を休まねばならなくなる。
このプレッシャーは大きい。

今週からやっと娘のクラスもレベル別での授業が開始になった。
週4で生中継レッスンがあり、算数は3レベルに分けてやりはじめた。
今のところ3月7日まで学校が休校になる事が決まっているため、オンライン授業もなんとか形になりつつあると安心していた矢先・・・
今朝学校からメールが入り、教員1名の陽性が判明したため、その担任のクラスは2週間閉鎖となります。その為、教員の出勤スケジュールが変更になるので、今日の授業はキャンセルですという連絡が来た。

夫の学校も既に3名が陽性で3クラスが閉鎖中。
この閉鎖学級の中6名の子供の母親が看護師である。
子供の預け先が確保できず病院に行く事が出来ないと聞くと、つい先日義母をコロナで亡くした身からすると、今あの現状で看護師が6名不足するということ、それが例え働く科が違っても、病院のスタッフが減るという事がどういうことかと理解できるだけに、学校側で何とか出来ないかと思案中。

ロックダウン中でも学校で働くスタッフは週2で検査をする事が必須になった以上、陽性が出ればそのスタッフに関わった人間は全員2週間の自宅待機となる。
感染拡大を防ぐには仕方が無い。
夫も今週から仕事に復帰したが、毎日「あの学校から出たらしい」「あっちの学校でも2人出たらしい」と聞く度に、祈る気持ちで綿棒を鼻に突っ込むのである。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記