ドキドキ 廊下に出て葉月、徳美に、
「蓬田さん、なんて言ったらいいか…。」

徳美、そんな葉月と奈都美、伸永に、
「いえいえ。…いつかは…こんな日がくるだろう…事は…、予想…してましたから…。」

奈都美、
「お悔み…申し上げます。」
徳美に深々と頭を下げて。

徳美、奈都美に、
「ありがとうございます。」
お辞儀をして、そして伸永の顔を見て、
「尾田さん、ありがとう。」
右手を差し出して。

伸永、
「あ、いいえ…。相談役…。」
そして徳美の右手を握り、
「もう…、会えないんですね。」
ポツリと。

徳美、
「えぇ…。…けど…、喜んでくれたと思います。」

伸永、
「これからも…。」

「えぇ…。もちろんです。こちらの方こそ…、是非、お願いしたい。」
伸永の右手を両手で握りしめて。

「ありがとうございます。」

葉月、
「それでは…私たちは…これで…。」

徳美、再び葉月と奈都美にお辞儀をして、
「ありがとうございました。」

渡り廊下の傍のフリースペース、ソファに座って話をしている光流と肇に3人、挨拶をして、
葉月、
「私たちはこれで…。」

光流と肇、ソファから立ち上がり、
「ありがとうございます。」
「これからもよろしく。」

そこから葉月たち、来たルートとは異なり、エスカレーターで…。
少し、ゆっくりと時間を過ごしたかった。

総合案内の待合室、葉月たちの気持ちとは裏腹に、多くの診察待ちの患者たち。
そして車椅子の入院患者を押しながらの看護師。
点滴スタンドを支えながらの入院患者、その患者を見守る様に看護師。
または行き交う通行人、そして連絡を取り合うかのように急ぎ足の看護師たち。
そんな風景を見ながらの葉月、奈都美、伸永。

「あっと、いけない。課長に連絡。」
葉月。

奈都美、
「あっ、うん。」

葉月、席を立ち上がり後ろの窓の方に…。
奈都美、そんな葉月を目で追いかけて。そして前を見て。
すると、驚くほど自然に奈都美、隣に座っている伸永の右手を握り、
「ノブ…。一緒にいてくれて…ありがと。」

奈都美から右手を握られ、そして奈都美の声に伸永、
「えっ…???」

「あんたがそばにいてくれなかったら、あの時、私…、倒れてた。」

伸永、まっすぐ前を見てそう話す奈都美に、
「七瀬…さん。」

奈都美、少し掠れたような声で、
「あぁいうの…初めてで…、怖かった。」
そして少しだけ、頭がぼぅ~~っとして、伸永の右肩に頭が…。

葉月、スマホを耳に、
「えぇ…。」
窓の外を見ながら、そして後ろを振り向き、奈都美と伸永を…。
その時、
「えっ…???」
伸永の右肩に凭れるように奈都美の頭。
葉月、咄嗟に、
「ナツ…。」

スマホの向こう、内海の声、
「おぃ。どうした、神田…???」

葉月、再び窓の外を…。
「あっ。…そういうわけで、私たち…これから、ユッコの病室に…。」
そしてまた後ろを振り向く葉月。今度は体勢は元のままの奈都美。
葉月、
「……。」

内海の声、
「そうか…、分かった。…とにかく…気をつけて帰ってこい。」

葉月、
「あっ、はい。分かりました。それでは…。」

通話を切って奈都美と伸永の席に戻る葉月。
「おまたせ~~。」

奈都美、
「あっ。うん。」

「ユッコ、寄ってこ。」
「そうだね。」

伸永、
「はい。」

木綿子の病室、葉月、ドアを開けるなり、
「ジャジャ~~ン。」
と、言って、
「わっ!!!」

木綿子、
「はい、おはよ~~。どうしたの~~。この時間…???」

中に入る3人。

奈都美、伸永、
「あっ。」
「ユッコさんの…。」

葉月、
「おかあさん、いらしたんですね~~。おはようございます。」

沙月、3人に、
「おはようございます。いつもどうも…。」

奈都美も伸永も、
「おはようございます。」

木綿子、既に頭から顔への包帯は取れてガーゼ保護のみ。
「おっ。いつもの綺麗なユッコの顔に戻ってる。」

木綿子、
「へへ。顔の方は、良い感じになってきてる。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋