ドキドキ ふたり、居酒屋から出て。
「ここって、本当に、居酒屋…???」
千尋。

「なんでもありますよね。」
翔。

既に辺りは暗く。

「じゃ、帰ろうっか…。」
千尋。

翔、
「ごちそうさまでした~~。」

笑顔でニッコリと千尋、
「いいえ~~。翔君と話し出来て、良かった~~。」

「こちらこそ。」

そして翔、一歩左足を前に。
その時、グラリと体が…、
「お~~~~っと~~。」
いきなり膝がカックンと。

倒れる瞬間に大勢を取り戻した翔に千尋、
「かかかか。大~丈夫~~???」

その声に翔、恥ずかしそうに、そして照れながら、
「はい。大丈夫です。」
そして2回ほど、ピョンピョンと跳ねながら。

千尋、
「はははは。うんうん。OKね~~。」

翔、
「はい。はははは。ありがとうございます。」

「うん。」

そして翌日、優里亜は病院を退院。
病院を出る前に木綿子にまたお見舞い。
そして3日間不在の自分のアパート。
「ただいま。」
とにかく窓を開けて新しい空気を…。そして…、
「翔…、主任…。どうだったんだろ…。」
自然に頭に蘇る、暑さで頭がボ~~っとなり、倒れてしまった時の事…。
「あれから…私…、翔から…。」

その2日後、翡翠堂の販売コーナー。
クック・ル・ポットとの新作の商品が並ぶ。

そしてその商品が、ここ、徳康の病室にも…。

もはや衰弱は免れず、今日明日と言う医師の判断。

徳康の傍で季実子、
「お父さん。お店の新しい商品、出来ましたよ。」

その傍で徳美、
「爺ちゃん…。」

反対側で傑、
「蓬田さん、いいのが…出来ましたね~~。うんうん。蓬田さんも、凄いですよ。まだまだ~~。」

壁際には肇に光流、そして、店員の峰子。
葉月、奈都美に伸永。徳康を見守りながら…。

決して苦しい、辛いという表情は見せずに徳康、医師に虚ろな目で…。

傑、
「分かりました。」
そしてマスクを外して。そして今度は少し上体を上げながら…。

季実子、
「お父さん。」

徳康、弱々しい声で、
「季実子さん…。」
左手を出して…。

季実子、
「はい。」
そして徳康の左手を両手で握って。

そして徳康、次に徳美を…。

同じく、今度は徳美の手を握って。
「爺ちゃん。」

そして今度は、医師の顔を見て…。
すると、壁際を見て右手を。

傑が伸永たちを…。

伸永、奈都美、葉月、顔を見合わせて。
肇、3人に手を差し出し…。

伸永からベッド際に。そして、ベッド際に近づいた伸永に右手を…。

伸永、その右手を握り、
「えっ…???」

力の限りに伸永の右手を握る徳康。
衰弱しきった顔、そしてその目から涙を…。

いきなり鳴き声の峰子。そして光流。光流は峰子を抱きしめて。

伸永の右手を握り終えて、今度は、奈都美を見て徳康。
そのまま奈都美に右手を…。奈都美も…その右手を握り…。

徳康、小さな声で、
「…ありがと…。」

その瞬間に奈都美、目を真っ赤にして零れる涙。
「ありがとう…ございます。」
そして手を離してすぐに両頬を両手で拭って、葉月の後ろに。

葉月も徳康の右手を握り、涙目で、鼻を真っ赤にさせて…、泣き声で、
「蓬田さん…。…うん。」

そして徳康、今度は左手で季実子の右手を引っ張り、
目を閉じて自分の顔に引き付ける。

季実子、
「うんうん。何…???」

「峰…ちゃん。」

季実子、その場で、峰子に、
「峰ちゃん。」

峰子、真っ赤な顔のままで、
「はい。」
徳康の傍に…。

すると、いきなり峰子の体を引き寄せ。自分の顔に峰子の顔を。

峰子、
「おじぃちゃん。」

徳康、声にならない声で、そして、目を閉じて、
「…ありがと…。」

そして…。峰子の首に回した左腕が、ダラリと…。

峰子、
「へっ…???」

季実子、峰子の体を抱いて…。

峰子、
「おじぃちゃん…、おじぃちゃん。おじぃちゃん。」

叫ぶような声で、
「おじぃちゃ―――――――ん。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 海をこえて

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋