time-2798564_1280.jpg

社労士試験を受けることに決めたのですが、テーマはセミリタイア生活と勉強の両立です。
合格は絶対ですが、さりとてセミリタイアの娯楽は譲れません。

3月下旬から勉強を始めたとして、来年8月下旬の試験までは500日超。
バイトや旅行、休息等で、勉強できない日もあるとして、実質400日程度。
最低1000時間は必要と考えると、できる日は1日3時間はやりたいところです。

じゃあ今のセミリタイア娯楽を保った上で、どうやって3時間の勉強時間を確保するか?
削っても問題ないムダ時間が、3時間もあるのか?

自分の生活を見直してみると、全然あると思います。

ムダなネット時間で、3時間の大半を捻出できるはず。

振り返ってみると、同じサイトを何度も見たり、TwitterやYouTubeで大して有意義でもないものを見たり、ブログ執筆で細部にこだわりすぎたり・・・
挙げればきりがありません。
無意識的にスマホを使っている時間を合計すると、かなりの数字にもなります。

ムダ=悪ではありませんが、これらはたぶん娯楽に貢献していません。
バッサリいっても問題ないでしょう。

ネットに大鉈を振るい、あとは全体的に少しテキパキすれば、1日3時間はイケるはず。

テレビ、ジム、裁判傍聴、ブログ、散策等の娯楽、そして家事や睡眠も、犠牲にする必要はなさそう。
もちろん、時間を捻出するために節約をないがしろにすることもない。

と言うか、むしろネット依存傾向を治すいいチャンスかもしれません。
勉強することで、さらに生活改善をするぞぐらいの意気込みで、臨みたいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記