ドキドキ 徳嶺、車の中で、笑顔で、
「う~~ん。とにかく、菱川が元気そうで安心した。」

瀧澤、運転しながら、
「ありがとうございます。」

「…で、加瀬の代わりの…、紀本ですが…。」

瀧澤、
「えぇ…。」

「何分にも、初めてなので、よろしく…、と言う事でした。アレフーズ東京には、士門の方から、連絡するようで…。」

「ありがとうございます。」
バックミラーの翔を見ながら瀧澤。

「今回は…稀なケースで…。加瀬と同じような営業担当で、加瀬と同じように、アレフーズ…任せられる者がおらず…。誠に申し訳ありませんが…。」

その声に瀧澤、
「はい…。」

徳嶺、まっすぐ前を見て、
「幸村君。」

翔、
「はい。」

「紀本の事で…、何やら、意にそぐわない事が…、もしかしたら…、あるかも知れないが…、何卒、よろしく…。」

翔、
「あ…。はい。…分かりました。」

優里亜の病室から出て以来、何かしら、口数が少ない翔。

木綿子からも、
「翔…、どうした…???…なんだか…???」

翔、
「へっ…???」
ふと我に戻って、
「いやいやいや。なになに、全然、大丈夫。ははは。」

木綿子、徳嶺の顔を見て、
「徳嶺部長、わざわざありがとうございます。まさか、優里亜が熱中症でここに…なんて、ビックリ~~。」

翔、
「あとで、会いに来るってよ。」
笑顔で…。

徳嶺、
「顔を見れて、安心した。はは。あんまり、無理すんなよ。」

そんな徳嶺の顔を見て木綿子、少し赤くなって、
「はい。ありがとうございます。」

瀧澤、
「ふふ。その通りよ、ユッコ。」

木綿子、舌をチロリと出して、
「は~~い。」

そして瀧澤、
「良かったね。徳嶺部長に会えて。はは。」

木綿子、口を尖らせて、
「…部長の意地悪。」

そんな木綿子に瀧澤、
「ぷっ。」

徳嶺、
「…ん…???…何か…???」

瀧澤、チョコンと笑顔で顔を傾げて。
「じゃ…、私たち、仕事があるから、これで…。」

徳嶺、軽く右手を挙げて、
「お大事に。」

木綿子、
「はい。ありがとうございます。」

3人が病室を出る。

木綿子、布団を口元まで、そして、
「か~~っこいい~~。徳嶺部長~~。さっすが、三大イケメン。」

会社に戻っての瀧澤たち3人に、
「お疲れ様です。どうでした、加瀬。」
内海。

徳嶺、
「内海課長、まずは…連絡…感謝します。ありがとう。中度の熱中症との事で…。」

葉月、奈都美、
「中度の…熱中症…。」

徳嶺、
「3日間の入院になります。」

内海、
「そうですか~~。」

「ただ…。例え、3日後に退院となっても、すぐに現場復帰とは…。」
そして、
「瀧澤部長にも話したんですが、加瀬の代わりに…、紀本を…。」

内海、
「紀本…。」

葉月、奈都美、
「徳嶺部長…、いつ見ても、かっこいい~~。」
「うんうん。」

伸永、
「営業部長…ですよね~~。初めて…見た。」

奈都美、
「うそ。」

徳嶺、笑顔で、
「…では、私はこれで…。瀧澤部長、ありがとうございました。幸村君、ありがとう。そして…、よろしく。」

翔、
「はい。分かりました。」

そして翔、自分の席に。

葉月、
「ねね、優里亜…???」

翔、
「ふん。中度の熱中症…。」

「で、で…???」
「で…、で…って…???」

「これから、どうなるの…???」
今度は向かい席から奈都美。

翔、
「どうなるって…???」

「決まってんじゃん、アレフーズ東京。」
葉月。

翔、その声に、少し、顔を顰めて、
「ふ~~ん。優里亜の代わりに…、紀本…主任…だって。」

「紀本っ!!!」
奈都美。

葉月、
「う~~っわ。キッツゥ~~。」

翔、
「えっ…???…なんで…???」

奈都美、葉月、
「なんでって…。」
困ったような顔をして…。

「依りによって…、紀本…か~~。」
奈都美の後ろで靖子。

奈都美、
「ヤッさん。」

勇喜雄も、
「紀本ね~~。翔~~。気を付けろよ~~。」

翔、

「なんなの…???みんなで~~…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋