義母はガーデンセンターによく行っていた。
私も義母と最後に出かけたのがガーデンセンターであった。
最後に行った際、小さなツリーを買った義母。
そこでツリーと犬のベッド、ガーデンセンター内にある肉屋でラム肉を買った義母。

レジで義母が支払いをした際、レジの方から「ポイントが貯まってるので、使いますか?」と聞かれたが、義母は「いいの。それはロックダウンが開けたいつか、義理の娘とランチに来るまで取っておくの」と言った。
レジの方が「そうですね~。楽しみは取っておきたいですよね~」と言い、義母はポイントを使わないでいた。
その際、私はレジの方に「いくらポイントがありますか?」と聞いた。
「7000円ほどです」と教えてもらった。
義母は「ランチとケーキも食べれるわね」と笑った。
あれが最後の訪問となった。

一昨日の夜、リビングで眠る義母の犬のベッドを見ながら、そのベッドの底がペタンとしている事に気が付いた。
もう何度も何度も洗い、綿が端に寄ってしまっているせいもあり、そう見えたのかも知れない。
ふと義母のポイントの事を思い出し、翌日私はガーデンセンターで犬のベッドを買う事にした。
それが義母が喜ぶポイントの使い道であると思った。

レストランは閉鎖され電気も消されているから、ガーデンセンターは何とも不気味な感じに見えた。
人もほとんどおらず、おかげでゆっくり犬のベッドを探す事が出来た。
犬のベッドの相場は分からんが、私なりに犬に心地良さげなものを選び、セールで6000円弱で買えた。
後は義母が時々犬に与えていたソーセージを2キロ買い、レジで私が数百円を足してポイントはゼロとなった。

もう年会費を更新される事のないポイントカード。
しかしながら、何となく今は捨てられないカードである。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記