義母の家の表倉庫にある8段式冷凍庫から手を付けてみる事にした。
倉庫奥には手つかずの段ボールが積み重なっているが、やりたくないので後回し。
冷凍庫の1段目から鶏の丸ごとの冷凍が出て来た。
12月頭か、11月中ごろに肉屋に連れて行った時に買ったものだと記憶している。
この他、鶏モモ2キロが出て来た。

思った程冷凍庫の中には食べ物が無かった。
ロックダウンでパンパンに詰まっていた冷凍食品をちょっとずつ食べていたのかも知れない。
鶏が大量に出て来たので、来週は鶏料理メインで使って行こうと思う。

次にキッチン内の食品戸棚を整理しようと開けた。
中から奥が見えないほどの保存食品がつまっていたが、その半分は去年前半で期限が切れており、中身を出して瓶や缶は洗ってリサイクルに出す作業に2時間近くかかった。
期限が今年の夏までのドレッシングが4本、それと「マンゴーチャツネ」が6本それぞれメーカーの違うものが出て来た。
義母は料理をしない人であったが、このマンゴーチャツネをどうしていたのでろうか・・・同居していた1年間で食べているのを見た事が無い。
インド料理を出前で取る事も義父が亡くなってからは無かったし、夫も「マンゴーチャツネが好きやんたんやろか・・」と笑った。

この「チャツネ」、イギリスに来るまで全く馴染みのない食べ物であった。
未だ使い方がよく分からず、長年イギリスに住んでいる日本人のお友達に「どないして食べるんですか、アレ?」と聞いた事があり、その方が「スコーンに乗せて食べても美味しいんやで」と、その方の家でチーズスコーンを御馳走になった際にチャツネを出して下さった。
相性が抜群であった。
チャツネの種類は無限にあり、お友達から「自分が好みのチャツネを探しのも楽しいで」と教えてもらったものの、未だチャツネはよう分からん域にある。

結局今回もマンゴーチャツネと言えばカレー味に合う・・・というレベルの知識量であるから、この大量のマンゴーチャツネをカレーか、カレー味でサンドイッチの具に使う鶏肉に合えるかである。

後は11袋のチョコレートレーズン、レーズン&ナッツ入り板チョコ(1枚200g)10数枚が入っていた。
何に使うか分からん「プロ仕様の岩塩」、未開封のスパイスも大量にあった。
いずれも期限が切れておらず、しかし去年の3月以降私か夫が頼まれて買った物ではないとすると、義母はいつの段階でこの岩塩とスパイスを買っていたのだろうか・・
目的は何かあったのだろうか・・・
手に取る度に不思議に笑いが止まらず、使わへんやん!!と思わず言うてしまう。

1日中を整理で過ごしたくないから、数時間で切り上げているが、まだまだ戸棚には食品がぎっちり詰まっている。
ちなみに義母が心臓手術をする為別の病院に移動する際に持って行ったカバンの中からも、クリームを挟んだビスケットが1パック出て来た。
変異型コロナに感染しつつも、あの時はまだ症状が全く出ていなかった義母・・心臓手術を受けた後に食べようと思って持って行ったのだろうかと思うと、ちょっと笑ってしまった。
悲しみながら、楽しみながら。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記