ドキドキ それから30分後、廊下に出て来た医師に翔、
「先生っ。」

「女性と一緒にいらした方ですね。」
医師。

「はい。優里亜…、どんな…???」
「中度の熱中症です。今は…まだ…、水分摂取が出来ない状態ですから、点滴を…。」

翔、
「熱中症…。」
そして医師に、
「他には…問題…。」

興奮している男性に医師、
「大丈夫です。今は、休まれてますが、直、目を覚ますでしょう。」
そして、
「それでは…、お大事に。」
そして男性に肩をトントンと優しく叩いて。

翔、
「中に…入って…???」

「え~~。構いませんよ。もしかしたら、目が覚めるかもしれない。」

翔、
「ありがとうございます。」
病室のドアを開けて、
「優里亜っ!!!」

ベッド上、目を閉じて。そして点滴が…。

「…ったく~~。びっくりしたぜ。いきなり倒れてくるから…。生きた心地、しなかったぜ。」

静まり返っている病室。

病室の窓際に立ち。そして今度は壁に背中を…。
そして椅子に座って。
「お~~い。目ぇ覚ませ~~。優里亜~~。」
そして今度はスマホを見て。

その時、
「翔…。」

瞬間、翔、
「ぅおっと~~。びっくりした~~。目ぇ…覚めた…???」

優里亜、
「うん…。…えっ…???私…???」

「熱中症で、倒れた。」

「熱中症で…???」
壁側の椅子に座っている翔を見て優里亜、そして天井を見て、
「そっか~~。ふらりとなって…。それから…記憶が…。」

「水分摂取、できる状態じゃないから…。」
点滴に向かって首を…。
「点滴…してる。」

優里亜、
「あっ。ほんとだ…。」

翔、
「…ったく~~、びっくりさせんなよ。…いきなり倒れてくるから…。…それからぐったりとなって…。」
ベッドに近づきながら。

「ごめん。」
「まっ。けど…安心した。先生も、他には身体…、どこも悪くないって…。」

その声に優里亜、
「ほんと…???よかった。」

「まっ、今、おまえに倒れられると、俺が困るから。」

そんな翔の声に、
「うん。…だね。…あっ、会社に電話…。」

「もう…してるよ。…おっと~~。もう一度、電話しなきゃ。ちょい、電話。」
スマホを右手で優里亜にかざして。

優里亜、
「うん。」

ドアに向かう。その時、ドアをノックする音。
そしてドアが開く。

「翔。」
瀧澤である。

翔、
「部長~。」
そして瀧澤の後から、徳嶺。
「徳嶺部長。」

瀧澤、
「翔、お疲れ。ありがと。」
そして、
「加瀬さん。」

徳嶺、翔に頷いて、優里亜に、
「加瀬。」

優里亜、
「部長…。瀧澤部長。」

「びっくりしたよ、君が倒れたって聞いて。」
徳嶺。

瀧澤、翔に、
「…で…、容体は…???」

翔、
「医者の話だと、中度の熱中症だそうです。今、水分摂取出来ない状態で、点滴を…。」

瀧澤、
「うんうん。」

徳嶺、
「幸村、着いてくれていて、ありがとう。」

その声に翔、
「いえいえ。そばにいたんですから、当たり前です。それより、熱中症以外には、身体…どこも異常はないと…言う事で…。」

瀧澤、徳嶺、
「うんうん。」
「良かった。良かった。」

瀧澤、
「…で、病院には…???」
翔に…。

翔、
「あっ。それまでは…???」

「あっ、そっか…。じゃ。」

その時、徳嶺、
「あっ、それは…、私が…。」

瀧澤、
「あっ、そうですね。すみません。」

数分後、病室に戻った徳嶺、
「3日は、入院となるようです。自律神経や筋肉、調節機能が働かなくなるとの事で…。」

瀧澤、
「そうですか~~。」

優里亜、
「3日…入院。」

瀧澤、
「うん。」

「翔…、仕事…。」
「あっ、あ~~。…でも、何とかなる。うん。とにかくおまえは…無理すんな。」

「う…、うん。あっ。それと…。」

翔、
「…ん…???」

優里亜、
「ここって…。どこの…病院…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋