家主と地主2月号は昨年12月に施行されたサブリース法について

特集を組んでいます。

 洗練された投資家の皆さんはサブリースなどに見向きもしないと

思いますのでまったく関係ないと思います。

 ただ、記事を読んでいると知人などにサブリースを勧めた人も罰則

の対象になるとのことなので注意が必要です。以下記事を一部引用

 法律の内容は主に次の5つ。

①誇大広告の禁止

②不当な勧誘の禁止

③契約締結前の契約内容説明を行う際、重要事項説明はかならず
書面で説明しなければならないこと

④契約締結時は書面を交付

⑤財務状況の共有を求められたら書類を提示すること

 上記に列記されていることは当たり前のことだと思いますが今まで

はほとんど守られていなかったと言うことだと思います。

30年間の家賃保証を信じ込んで契約した方は多かったと思いますし

家賃の見直しや減額についても契約書やパンフレットには書かれて

いたと思いますが、小さくて見にくい文字や目立たない場所に書かれ

ているケースも多かったのではないかと思います。

 サブリース契約は普通借家契約で借り上げますので借家契約に

ついてわかっている方であれば、当然借主であるサブリース業者は

周辺家賃が下落した場合に家賃減額請求権があることは知ってい

ると思います。 

 かぼちゃの馬車事件がきっかけで、サブリース法が制定されるに

至ったと言われていますが、家主自身がいい商品だと思って他の家

主に勧めた場合も勧誘者とみなされて罰則の対象となる可能性が

あるそうです。

 

 過去には農協から借金して田んぼにサブリースでたくさんアパート

を建ててお米を作っているよりぜっいにいいよぉ~と言ってすすめて

いた地主さんもいたと思いますが、これ今度から罰せられることに

なるかも知れません・・・。

 新築の融資をお願いした際に銀行からサブリース契約にしてもらっ

たら融資できます。

と言われることがたびたびありましたが、これも今度から下手をすると

違法になると言うことです・・・。

 ということで今日もサニックスは12円高ということで出来高を伴ない

上昇。掲示板もにぎやかになって来ましたね!! 

 お手数ですがいつものランキングボタンご協力いただけるととっても

うれしいです♪

Source: 吉川英一オフィシャルブログ-低位株・不動産投資で会社バイバイ、リタイアして毎日が日曜日。不動産業ブログ!