ドキドキ 翔、
「武蔵原総合病院。武蔵原総合病院です、課長。」

その声に内海、
「武蔵原総合…。おぃおぃ。またかよ…。」
そして、
「翔~~。優里亜…、今、どんな感じだ…???」

翔、
「も…、物凄い汗で…。ぐったりしてます。」

椅子から立ち上がり内海、
「…ったくな~~。とんでもない暑さ…。」
窓際に足を。そして外の景色を見て。
「とにかく分かった。一緒にいてやってくれ。俺はすぐ、士門に連絡する。……うん。頼むな。」
通話を切る。

スタッフ一同、
「課長~~。」

「今、翔と優里亜…、救急車の中だ。武蔵原総合に向かっている。」

康、
「武蔵原総合…。また…。」

「あぁ…。熱中症…らしいとは…言ってたが…。とにかく…。」
内海、受話器を取って…。

葉月、奈都美を見て、
「ナツ~~。」

奈都美、困ったような顔で…。

内海、
「あぁ~~。士門か…、俺だ。内海だ…。」

そして内海からの話に士門、
「何――――――っ!!!」

内海、
「すまん。ウチの幸村が着いていながら…。」

士門、
「いや…、いやいや。幸村が着いていても…。そればっかりは…。」
うろたえながらも士門、
「あ~~。とにかく分かった。わざわざ…ありがとう。」

ざわつく営業部。

「詳しい連絡が入ったら、また。」
「あぁ…、頼む。こっちから…加瀬に電話…しても…、多分…。」

内海、
「あぁ…。」

士門、受話器を戻して。
「加瀬が…出掛け先で、倒れた。…熱中症…らしい。救急車で…。」

営業部スタッフたち、
「え~~~~っ!!!」

救急車の中、優里亜、ぐったりとしながら、いきなり顔を脇に、
「うぅ…。」

隊員、
「嘔吐…。」

けれども口の中からは何も…。

翔、
「優里亜…。」

隊員、
「血圧…低下…。」

内海、立ったままで、窓と椅子との往復。

駆け足で瀧澤、
「庸ちゃんっ!!!」

スタッフ一同、
「部長っ!!!」

内海、
「お馨さん。」

「翔から、何か…???」

その声に内海、首を横に。

「とにかく私。」

内海、頭をコクリと、
「お願いします。」

瀧澤、受話器を持って、内線ボタン。
「もしもし、お疲れ様、瀧澤です。徳嶺部長っ。」

電話に出たのが、営業部、清水亜美(しみずあみ)。
「あ~~。はい。」

そして、
「はい。徳嶺です。…おぅ~~。お馨さん。……うん。うんうん。分かりました。じゃ、私もこれから…。」
徳嶺、自分の席を立ち、部署内を歩き、士門に、
「武蔵原総合病院、行ってくる。瀧澤部長と一緒だ。あと、頼むぞ。」

士門、
「分かりました。」

車の中で、徳嶺、
「すみません、お馨さん。」

瀧澤、
「いえいえ。とにかく行きましょう。幸村からまだ連絡がないという事は…、まず、間違いなく武蔵原総合。今頃は、緊急救命…???…ウチの菱川も…その病院なんです。」

徳嶺、
「おやおや。……、あっ、失礼…。…で、今、菱川君は…???」

「順調です。まだギプスのままですが…。」
「そうですか~~。…けど、あの事件は…酷い。うん。」

瀧澤のスマホに着電。
瀧澤、自分のスマホを徳嶺に、
「部長…すみません。スワイプしてスピーカー、お願いできます…???」

徳嶺、瀧澤のスマホを持って、恥ずかしそうに、
「あ…、あぁ…。」

スマホから、
「お馨さん、内海です。運転中、すみません。」

瀧澤、
「…で…???翔から…何か…???」

「えぇ…。病院…着いたそうです。武蔵原。」
「そう…。で…???」

「今…、緊急救命の方で…。」
「分かった。ありがとう。徳嶺部長と今、向かってる。」

「分かりました。お願いします。」

徳嶺、
「内海課長、ありがとう。」

その声に内海、
「いえいえ。大事にならなければ、いいんですが…。」

「あぁ…。」

内海、
「とにかく、徳嶺部長、よろしくお願いします。」

「あぁ。分かった。」
通話を切る。徳嶺、
「スマホは…、ここに…???」

瀧澤、
「えぇ。ありがとうございます。」

「それにしても、お馨さん、さすが…、運転が上手い。」
「え~~ぇ…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋