badge_syaroushi.png

資格取得検討過程の第2段。
注目した社労士について、深堀りしていきたいと思います。

昨日のブログで、年平均15万円の費用がかかり、これがペイできるほどの資格なのか?が論点になる旨を書きました。
就労収入を年60万円と想定している僕としては、年75万円稼ぐのがバイトよりも楽か否かが問題です。

社労士の働き方としては、①企業内で人事・労務を担当する、②社労士事務所に雇われる、③独立(フリーランス)で仕事依頼を受ける、3つの方法があるみたい。

①②ではセミリタイアした意味がないので、僕的には③一択です。

しかし、実務経験や人脈も何もなく、仕事がこなせるのか?仕事依頼が来るのか?って問題があります。

まず実務については、事務指定講習で学べます。
合格後に社労士として登録するためには、2年以上の実務経験or事務指定講習の受講が必要。
講習は4ヶ月間の通信指導、4日間の面接指導があり、実践的な内容となっているみたいです。
まあ、実際の仕事とどこまでシンクロしているかは分かりませんが。
講習には8万円弱かかりますが、初年度30万円は講習代も入れての金額。

仕事については、行政協力がキーワードになります。

行政協力は、社労士会が窓口となって、仕事を受ける仕組み。
具体的には、役所でやっている年金相談や労働保険手続きをするとのこと。
年金相談だと、8時間で15,000円~20,000円(時給2,000円程度)になるようです。
ここで、実務経験を積んだり、人脈を作ったりして、その後の仕事依頼に繋げる。

仕事依頼は、各種手続きの単発的なもの、会社と顧問契約を結び労働保険の手続きや給与計算を継続的にやるものがあります。
後者だと、毎月安定した収入が入ってきます。
社員数10人以下の会社だと月3万円、20人で月5万円程度が相場。

まとめると、バイト的な行政協力で時給2,000円程度。
行政協力だけとすると、年75万円稼ぐのに、375時間。
同程度の手取りとなる、今のバイトで年60万円なら、時給1,100円として545時間。

時給だけを見ると、当然社労士のほうが効率がいい。
勉強するのは嫌いじゃないので、資格取得の労力は仮に考慮しないとしても、仕事がどれほど大変か?って視点が必要。

純粋な仕事内容は、公務員と同じくらいかなと想定しています。
よく窓口や電話で相談を受けたり、諸々の書類作成をしましたが、似たような感じかと。

違うのは、役所だと異動直後は全く知識がない中でやっていたのに対し、社労士は専門知識で仕事ができる。
未経験業務での不安感が最大のネックだった僕にとっては、かなりのメリット。

一方で、何でも自分で解決する大変さはあるかもしれません。
しかしこの点も、失敗して同僚に迷惑をかけるのが超辛かったので、逆にやりやすい部分もある。

超楽観的な見方をすると、行政協力で今のバイトよりも効率的に稼ぐ。
そしてあわよくば、近所の土建屋のオッサンとかと顧問契約。
社員20人ぐらいの労務・給与管理を、家でささっとやって月5万円。

素晴らしいですね!

問題を挙げれば、キリがありません。

・試験合格と研修だけで、実務がこなせるのか?
・行政協力は案件が豊富にあり、都合よくできるのか?
・仕事の難易度やストレス具合は?
・経験と人脈が乏しくても、仕事依頼が取れるのか?
・移住したら全部パーになって、また1から?

未知の要素がてんこ盛りですが。
現時点での感想は、無くはないかなと。

借金して大々的に事務所を立ち上げるわけではありません。
2・3年やってみて、「ダメだ。こりゃ・・・」となっても、使うお金は60万円ぐらい。
人生経験的に面白いかもしれません。

社労士の試験は、毎年8月後半。
今年受験だと残り200日程度で、合格ラインの1000時間までには1日5時間。
そんなに勉強したくないので、受験するとしても来年8月。
時間的余裕はあるので、引き続き情報収集したいと思います。

仕事内容・収入は一旦置いておいて、次回は社労士試験について調べてみましょう。
Source: Time is money  キムのお金日記