ドキドキ 徳美、他の3人も見て、
「わざわざ、ありがとうございます。」

瀧澤、
「お見舞いがてらに…。いきなりだったので…。」

葉月、奈都美、伸永、徳美に丁寧にお辞儀をして。

徳美、
「病室、こちらになります。どうぞ。」

4人、
「ありがとうございます。」

病室のドアを開けて、中にいる女性に、
「クック・ル・ポットの…みなさん。…心配で、来てくださった。」

和服の女性、
「あらあらあら。まぁ~~。」
椅子から立ち上がって、4人に丁寧にお辞儀をして、
「わざわざ、ありがとうございます。」
そして女性、
「どうぞ、どうぞ。近くの方で…。その方が、父も喜びます。」

瀧澤、葉月。徳康の右側の方から。そして奈都美と伸永、左側から…。

瀧澤、
「休まれていても。さすがに…。」

葉月、
「うん。」

「昨日の…夕方…。店で、いつも通りに椅子に腰かけてお茶とお菓子を…。食べ終わって、席を立った途端に…。店の子から、おじいちゃん、倒れた―――――っ!!!!って…。…全く体…動かなくって…。すぐに救急車。」
女性。

瀧澤、
「そう…だったんですか~~。」

奈都美、
「静かに眠ってる。」

伸永、
「うん。」

瀧澤、和服の女性に向かって、
「あっ、すみません。ご紹介遅れてしまって…。」
そしてバッグの中から名刺を差し出し、
「食品会社、クック・ル・ポット…瀧澤馨子と申します。初めまして…。」
女性に丁寧にお辞儀をして。

女性も、
「ご親切にありがとうございます。」
ソファに置いておいたバッグから名刺を取り出して、
「翡翠堂の…、蓬田季実子(よもぎだきみこ)と申します。」

そして、他の3人にも名刺を渡して…。

瀧澤、名刺を見て、
「女将…さん…。」

徳美、
「私の…母です。」

瀧澤、
「おかあさん…???」
そして、一瞬、
「えっ…???」

名刺を受け取った葉月と奈都美も、同じく、
「おか…。えっ…???」

徳美、
「僕…一人っ子で…。家族は…、祖父の徳康と…母の季実子。そして…私だけの3人…。」

瀧澤、
「そう…だったんですか~~。」
とは…言いながら、なにやら顔を傾けたような瀧澤。

それは奈都美も葉月も同じく。伸永だけが…、キョトンと…。

瀧澤、
「失礼かとは…存じますが…。」

その声に季実子、
「はい…。」
そして、目の前の、自分を見つめている女性の顔を見て、すぐさま口に右人差し指を…、
「ぷっ。」

その仕草を見て徳美も、思わず頭を掻く。

季実子、
「そうよね~~。私みたいな女に、こんなおっきぃ…、しかも…40過ぎの息子が…いるなんて…。」

笑顔で…返事に困ったような顔の瀧澤。

季実子、
「ごめんなさい…。」

瀧澤始め、奈都美も葉月も…。
「いいえ…。とんでもございません。」

「後妻…なんです。」

「えっ…???」
葉月。

徳美、
「僕が…高校を出たばかりの頃に…。私の母は、店の料理人と恋愛関係になって、駆け落ち。」

葉月、
「わお。」

奈都美、
「カンちゃん…。」

「あっ、ごめん。」

「当然、仕事を優先した父が、母の事を許せなくって…。結局は…離縁…。」
徳美。

瀧澤、奈都美、葉月、
「……。」

「丁度その頃、祖父の合気道仲間が、父が離婚したのを聞きつけて、自分の娘を祖父に紹介したんです。」

奈都美、
「凄っ。」

今度は葉月が、
「ナツ~~。」

瀧澤、
「そうでしたか~~。」
そして、今度は瀧澤がニッコリとして、
「お若くって驚きました。」

葉月、
「失礼ですけど…。」
季実子に。

そんな声にニッコリと季実子、
「50です。」

徳美、
「僕と…8つ違い。」

奈都美、
「ぅわ~~お。」

季実子、
「ぷっぷぷぷ。楽しい方々~~。」

瀧澤、困ったような顔をして、
「申し訳…ございません。」

「いえいえ。とんでもない。…逆にお会い出来て光栄です。」
そして、
「でも…、今…、お父さんが…。」

瀧澤、
「えぇ…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋