kuchikomi795_TP_V.jpg

短期レギュラーバイト7週目です。

新年の仕事始めが月曜日だったので、いきなり週3勤務でした。
特に最初の2日間は、ちょっとキツかったです。

さらに、年末までの人もいたらしく、人が減っています。
ほぼ常に電話を受けており、ボーッとする時間が少なくなってしまいました。

仕事は、ヨゴレ仕事を脱却したので基本平和。
ほぼスムーズに進み、管理者に聞くのは1日に4回ほどです。

相変わらず会話はありませんでしたが、電話が終わって内容登録している時に、管理者の女の子から話しかけられました。
「寝正月だったので、久々に仕事すると筋肉痛になりますね~。」と。
「あ~、質問が多くて走り回ってますもんね。お疲れ様です。」と普通の返ししかできず、次の電話がなったのですぐ終わってしまいました。

たまにオッサンが、若い管理者の女の子と談笑しているのを横目で見て、悔しいを思いをしています。
で、千載一遇のチャンスがやってきましたが、全く爪痕を残せませんでした。

殺伐とした雰囲気の中で優しくされたので、ちょっと好きになってしまいました。
あと、ニットで胸を強調したり、タイトスカートに黒タイツのセクシーな娘もいるので、残り2ヶ月弱でお近づきになることを目標にしたいと思います。

今週は、気づきもありました。

追加業務の研修も、ほとんどの人が受け終わって、新運用でやっています。
自分的には、少し複雑になり、研修も若干物足りない部分はありましたが、1・2日やってみると理解が進みました。
ケアレスミスはあると思いますが、基本的な原理は分かっています。

しかし、周りを見ていると、理解していない人が多い。
オバちゃん2人が相談していますが、「研修で何聞いてたの?」ってぐらい、トンチンカンな内容。
横の兄ちゃんも登録ミスが多いらしく、管理者に教えてもらっていますが、分かってない風でした。
感覚的に、こんな感じの人が3割ぐらいいて、正直「バカだな」と思ってしまいます。

と同時に、少しホッとする気持ち。
やはり前職とはレベルが違くて、公務員だと最底辺の僕でも、ここだと真ん中~やや上位には位置できるので、仕事がやりやすい。

バイトレベルの仕事を、自分が理解できないはずがない。
仮に理解できないとすれば、それは研修や体制、管理者が悪いぐらいに、強気で構えていきたいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記