娘の担任から送られてくる算数教材は、本来なら今週からするはずだった課題である。
その為、まだ習っていない分度器の使い方、立方体の求め方などが入っているのであるが、娘が「習ってへんから出来へん」と言うので、私が教えて何とか勧めている。
分度器とは日本語で言えても、英語で分度器を何と言うのかいちいち調べ、それを忘れないようにメモしておく。
3月のロックダウン時にもメモしていたが、もう捨ててしまい単語の記憶すらない。

この他、小数点・割り算・約数などなど・・英語で何と言うか分からん、または調べてもすぐに忘れてまう使う頻度の多い単語を紙に次々書き足していき、その都度横に「分度器」と書く。
メンドクサイ・・

この先、更に複雑になってきたら、もうホンマにカレンダー並みの枚数の紙をめくりながらやらなあかんのとちゃうかと思っている。
今年最初のロックダウンと学校閉鎖。
あと何度これを経験するのだろうか・・
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記