20200122_142827_20210105202423126.jpg

予定されていたサッポロ冬割ですが、今月中旬から道民を対象に始めることを市長が表明しました。

札幌市長、年頭会見…今月中旬、宿泊料1人5,000円補助「サッポロ冬割」スタートへ

特設ページもできています。

夏も利用させていただき、儲けることすらできちゃいました。

サッポロ夏割を利用してホテルに2泊してきた
2週間で5回ホテル泊 豪遊の感想
Go To トラベル事後申請のお金が入金

夏からはマイナーチェンジがあるので、見ていこうと思います。

■割引

1泊6,000円以上の宿泊に対して、5,000円引きになる点は同じ。

ただ、Go To との併用が異なってきます。
夏はGo Toの本格運用前だったので、事後申請。

例えば1泊6,000円のホテルに泊まるとして、サッポロ夏割5,000円引きで、自己負担は1,000円。
Go To事後申請での還付金は、元の6,000円に対して35%なので、6,000円✕35%=2,100円とおかしなことになっていました。

しかし、冬割では自己申請ミラクルは終了。
Go Toを先に適用して、35%引きされた金額が6,000円以上なら、サッポロ冬割が使える仕様になっています。
計算すると元の金額が、9,231円以上だとサッポロ冬割適用可能です。

対象者は先着40万人と、夏から2倍に増えています。

■クーポン券

クーポン券は、残念ながら劣化しています。

夏の3,000円から減額されて、冬は2,000円。

また使用期間は夏が2ヶ月程度だったのに対して、冬はチェックイン日~チェックアウト日までと大幅短縮です。
連泊の場合は、最終日まで使えると思われますが、貰えるのは宿泊日ごととQ&Aに記載がありました。

対象者は、先着40万人で夏と変わらずです。

■感想

道内の感染者がやや落ち着いているとは言え、この時期にやるのか?とは正直思います。
それだけホテルが、危機的状況ってことでしょうか?

さすがに直接お金を渡す訳にもいかないので、札幌市民・道民を介して、なりふり構わずお金をバラまくしかないのかもしれません。

クーポン券に関しては、夏に2ヶ月として転売が横行したからでしょうか?
チェックアウト日(連泊はMAX5泊)までにして、転売しにくく変更されました。

■利用方針

肝心の自分なりの使用方針ですが、夏同様に積極的に利用したいと思います。

現在はGo To休止で、再開の目処は立たず。
また、事後申請ミラクルはないので、儲かる仕様にはなっていません。

1,000円(超)払って、2,000円のクーポンが貰えるのは超オイシイ案件であることは間違いありませんが・・・
期限、用途が限られているので、実質無料や錬金術と言うのは語弊がありますね。

でも、バイトの連勤日に宿泊することで交通費が浮き、その他暖房費や食費も節約。
そして、優雅なホテル泊と豪華な朝食を堪能したいと思います。

クーポン券は期限が短いので、貯めてドカーンと家電製品は無理になりました。
夏みたいにドン・キホーテで使えるなら日用品や食料品を買ってもいいし、本来の趣旨通り札幌グルメをこの機会に堪能するのもありですね。

対象ホテルやクーポン券の使用場所も、近々発表になると思うので、楽しみに待ちたいです。
Source: Time is money  キムのお金日記