income-tax-4097292_1280.jpg

2021年も年間の予算を作成しました。

予算(2021)

月別予算(2021)
※月別の詳細な予算。
細かいので、興味ある方はクリックで拡大して見てください。

収入・支出、各項目ごとに見ていきたいと思います。

(収入) 181.2万円

■就労収入 48.0万円

昨年同様、冬に厚めに稼ぎ、春~秋は少なめにってスタイル。
2月末までレギュラーバイトを継続して、月10万円弱。
その後は、月25,000円程度で十分。
GWとお盆に、リゾバで6万円ぐらい稼げればと思っています。
仙台移住後は、1ヶ月は遊び12月から仕事開始。
翌月支給として、この分は加えません。

■利息 0.3万円

個人向け国債と各種銀行利息でちょろっと。

■就労外収入 37.0万円

Google AdSenseとミステリーショッパーがほぼ全て。
どちらも低下傾向にありますが粘りつつ、合計月3万円を確保したい。
そろそろ新たな収入源を確保したいところでもあります。

■雑収入 96.7万円

例年通り、自分及び両親の確定申告。
両親の分は代行報酬として半分貰う話がついています。
合わせて、65万円ほど稼ぎます。
その他、金券売却やTポイント現金化(SBI証券で国内債券ファンドを買い、即売却)で積み上げます。

(支出) 181.9万円

■食費 12.0万円

今年は体重増加のため、少し食事量を増やしたい。
月1万円✕12ヶ月で、12万円としました。

■被服費 4.8万円

昨年服を整えたら、気持ちよく生活できました。
今年は、ジャージや部屋着系、Tシャツを新調していきたい。
4,000円✕12ヶ月で、48,000円。

■教養・娯楽費 40.0万円

固定費(サブスク)は、ジム代で約8,000円
変動費を5,000円として、月1.3万円を基本としました。
仙台移住後は、ジムを夜も通えるレギュラー会員にすることも視野入れて、月1.8万円を基本。
DAZNはお得な年間契約で、2月にまとめて2万円弱払うことを想定しています。

あとは、旅行費。
北陸旅行、利尻・礼文島旅行、仙台アパート契約、仙台転居、リゾバ絡み旅行(GW、お盆)で各1.5万円~5万円を計上。

以上で、年間40万円。

■交通費 2.3万円

15km以内は自転車移動ですが、冬は根雪で自転車に乗れません。
1・2月はバイトもあるので、月5,000円を計上。
あとはバイトで遠方に行く分、移住後の未知数も加味しています。

■交際費 2.6万円

友達がいないし、たまに人と会う時も安い店なので、年間2.6万円。
姪っ子2人へのお年玉合計1万円が大きい。
移住後は、彼女と会う機会が増えることを期待して、月3,000円です。

■住居費 76.7万円

札幌のアパートは約3.1万円。
仙台は相場が札幌より高いのと、綺麗な地区に住みたいので家賃4.5万円まで許容。
初期費用25万円、引越費用7万円を計上しました。
今のアパート退去費用は、清掃料4.5万円は確定で、少し余裕を持って6万円としました。

■日用品 13.5万円

服同様、定期的に買い換えることで、生活満足度が上がることが分かりました。
タオルや小物類は、ちょこちょこ買って、清潔感を保ちたいと思います。
月4,000円を基本に、引越し後は色々要りようと想定して、2.5万円。

またスマホが3年になるので、買い替えを予定しています。
せっかくなので、5G対応機種で6万円ぐらいを想定。
全部合わせて、13.5万円。
収支に余裕があれば、家具家電を新調して、生活の充実を図ります。

■医療費 4.4万円

特に大きな問題は抱えていませんが、重要な分野。
歯とB型肝炎の定期検査、健康診断を加味して、年間4.4万円を計上。

■保険 0.4万円

火災保険オンリーで、年間4,000円。
引越し時も、ぼったくり火災保険ではなく、この保険で押し通したい。

■光熱費 17.7万円

夏場1万円~冬場1.8万円としました。
12月はNHK2.4万円を加えます。

■通信費 4.0万円

今のアパートは無料wifiがあるので主にスマホで月2,000円。
移住後(少し前からのお試し)は、ネットも必要になるので、月5,000円としました。
現状では、楽天モバイル1本の3,000円超でも悪くないかなと思っています。
ただ、スマホ料金が過渡期にあるみたいなので、サービスを見極めます。

■税金 0円

非課税世帯なので、1円も払いません。

■社会保障費 2.2万円

昨年国民年金は2年分払っているので、今年はなし。
国保は、最低階層で月2,000円程度となるはずです。

■雑費 1.3万円

リクルートカードプラスの年会費2,200円、それ以外は一応1,000円を計上しておきました。

(収支) 310円

何度も言ってますが、セミリタイアしてまでシコシコ貯金している場合じゃありません。

ただ家賃等の基礎生活費が安い札幌生活では、赤字にするほどでもない。
札幌が中心となる今年は、収支0円付近、悪くても±10万円以内に収めることを目標とします。

そのために、重要なのは柔軟性。
昨年は、それぞれの項目にこだわりすぎましたが、今年は融通をきかせます。

基本保守的に予算作成しているので、余裕ができれば、その分調整する。
労働を少なくして自分を甘やかしたり、買い物をして生活を充実させていく。

来年からの本格的な家計赤字化計画に向けて、移行期間としたいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記