ドキドキ 「ここに…、尾田君…、夜は…ひとり…。」
奈都美。

「…って、言うか…。僕の家なんで…。ここ…。」
伸永。

「あ…。はは。そっか…。当たり前か…。」
「でも…、何だか…恥ずかしい…。」

翔、葉月、
「へっ…???」

「あんまり…。…っていうか、お客さん…くるの…、珍しいんだ…。とうさん、亡くなってから…。」
唇の絞って伸永。

4人、一瞬、暗い表情で…、
「あっ、あ~~。」

朋代、
「だけど…、お姉さん、さすがだわ。掃除…行き届いてる~~。だから、毎日…来てるんだ。」

「うん。凄いよね。お客様、来ない家なんて…考えられない程。生活感、ありあり。」
葉月。

伸永、リビングに案内して。

「うんうんうん。なんともセンスある~~。」
葉月。

伸永、
「姉ちゃん、綺麗好きだから…。それに…、動いていないと…。落ち着かない…みたい。…あっ。なんか…、飲み物…。」

その瞬間、奈都美、
「あ~~。いい、いい。尾田君は、ただ、私たちが言う事に、応えてくれたら、それでいいよ。私たち、やっちゃうから…。」

奈都美の声に伸永、
「す…、すみません。」

「…っと~~、まずはキッチン。」

伸永、
「物は…勝手に使って、構いませんから。」

奈都美と朋代、
「OK。」
「でも…、使ったものは…ちゃんと元に、戻しておきますから、大丈夫。」

葉月、冷蔵庫の中を見て、
「さっすが。整えられてる~~。」
そして、
「かかかかか、こりゃ、私ら、かなり勉強になるよ。」

奈都美、
「ん~~???」

葉月、
「尾田ちゃん、ひとりだもん。なんとも、スッキリ、無駄ひとつない。」

朋代も一緒になって。
「うんうんうん、季節だからね~~。溜め置きも…ないっ。」

翔、あちらこちらと、部屋を見回して、廊下とリビングを行ったり来たり。

伸永、
「翔さん。僕の部屋…見ます…???2階だけど…。」

翔、
「へっ…???あ、あ~~。うん。」

奈都美、
「翔~~。うん、行っといで~~。私たちも後で…。」

翔、
「おぃおぃ、男性の部屋に…おま…。」

その声に葉月、
「あっ。」

奈都美、舌をチロリと出して。

朋代、その時、奈都美を見て、
「……。」

2階に上がる伸永と翔。

朋代、
「尾田ちゃんのお姉さん、凄いわ。」

葉月、
「うんうん。こんな大きい家…、ひとりで…。」

「歳の離れたお姉さん。…しかも…、腹違い…。…そして…両親なし。」
奈都美。
「内気で…、臆病そうな…。」

朋代、
「ナツ…。」

葉月もそんな奈都美を見て、
「……。」

両隣のふたりから顔を見られて奈都美、
「へっ…???」

朋代、
「くく…。ナツ…、尾田ちゃんの事、一生懸命だよね~~。」

葉月、
「くく、ほ~~んと。」

奈都美、
「へっ…???あ…、いや…。なになになに。一生懸命って…。…そりゃ、一生懸命になるでしょ、課長や部長に頼まれてるんだから~~。…それに…お姉さんにも…。」

そんな奈都美に朋代、
「ふん。…だよね~~。かかかか。」
そして葉月を見ながら…。

葉月、顔を傾げて、
「ふん。」

「へぇ~~。ここが尾田ちゃんの部屋~~。さすがに片付いてる。かかか。俺の部屋なんて、及びもつかない。」

そんな翔に伸永、にっこりと顔を傾げて。

翔、
「しかも…、美術系の本…、びっしり…。」
部屋の中をぐるりと見回して、
「そして…。この映画のライブラリー。…どんだけ観てんだよ。」

伸永、
「数えた事は…、ありませんけど…。2000本は…、あるかな…。」

翔、
「2…2000本…。いやはや…。」
そして翔、そんな映画のライブラリーを見ながら、
「しかも…、しっかりと…分けられて…。」

伸永、後ろ髪を掻きながら、恥ずかしそうに、
「分けて置かないと、観たいって言うの…、探すの…面倒だから…。」

翔、腕組みをしながら、
「うんうんうん。確かに。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 海をこえて

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋