ドキドキ 看護師に案内されて優里亜、
「ありがとうございます。」
そしてドアを開けて。
「失礼します。」

その声に木綿子、ドアの方に。
「優里亜。」

「ユッコ、どう…、身体の方…???」

その声に木綿子、
「えっ…???えぇ~~。御覧の通り。こんな有様…。…って、言うか~~。び~~っくりした~~。」

優里亜、持っていた花束を、木綿子の前に、
「お見舞いのお花。」

「ありがとう~~。綺麗~~。…って、優里亜、誰から…ここ…???」

木綿子の声に優里亜、
「うん。大石主任。夕方、内線したら、電話、出てくれて。訊いたの。」

「そ…、そぅ~~。…まさか…商品企画開発以外の人が…。」

「ふふ…、驚いた…???」
にっこりと優里亜、
「でも…ある意味…、私も…元…商品企画開発。」
そして、木綿子の状態を見て、
「大変だったね、ユッコ…。」

木綿子、
「う…、うん。」

「会社でも、話題になってる。」
そう言って、
「あっ。でも、悪い意味じゃなくって、会社全体で、注意を喚起しているって…意味で…。結構、女性社員…多いから…。」

その時ドアが、
「ユッコ、喉渇かねぇか…。」
そして病室を…。
「優里亜…。」

優里亜、
「あっ。翔…。」

翔、
「びっくりした~~。おま…、どうやって…ここ…???」

優里亜、
「はは。ユッコとおんなじ事…。」

そんな優里亜に翔、
「えっ…???」

木綿子、
「ダイさんに教えてもらったんだって。」

「ダイさん…。へぇ~~。」

優里亜、
「大石主任、丁寧に教えてくれた。」

焼き鳥を一口、
「うんうん。んま。」
そして腕時計を見て康、
「今頃、加瀬…、病院に着いたんじゃないっすかね。」

「あぁ…。」
内海。

「はい、生お待ち~~。」

内海、店員に手で挨拶をして。
「サンキュ。…まさかねぇ。あいつが…。」

ここは内海と郷池が贔屓している居酒屋、八重垣である。

「何…???加瀬って、あの…、営業の…???」
刺身を一切れ箸で摘んで郷池。
「彼女、髪…切ったよな。」

内海、
「あぁ…。思いっきりな…、」

「うちでも、かなり話題になってる。」
刺身を食べながら郷池。
「あんなに長かった髪を…ベリーショートに。…かかか。絶対に何かあったって…。」
そして、
「それに…、雰囲気もガラリと変わったって…。…今まで、加瀬さんって、ツンツンばっかり…してたのに…。」
そして突然笑いながら郷池、
「かっかかかか。良く見てるもんだ、女子連は…。」

康、
「そう…言えば…。ふん。確かに。電話してても、高飛車な感じ…。なかったような…。」

「かかかか。うちの女の子たちに言わせれば、勝巳が辞めて、変わったんだと。」

その声に内海、
「へぇ~~。」

「それより、どうだぃ、あの…新人…。おだのぶなが…???」

そんな郷池に康、
「ぶっ。いきなりどっちの話~~。池さ~~ん。」

「ん~~???いや…、気になんじゃん。あんなに、頼りなさそうに…。なんだか…、背中押したら、すぐにぶっ倒れそうな…。」

その話に、思わず絶句する内海と康。

康、串に最後の焼き鳥を口に頬張って、
「ぷっ。」

黙っている内海。

郷池、
「な~~に、なになに~~。ふたりとも…、黙っちゃって~~。」

内海、
「ん~~~???ふふふ。」
鼻で…。

口を一文字で目を真ん丸の康。

郷池、
「ん~~~???」
そしていきなり、康の首根っこを右腕で、
「こら、蔵之介、言えっ!!!」

康、
「がっ!!!痛て。てててて。課長…。」

内海、
「実はな…。」

郷池、突然康を離して、内海に顔を…。
内海、右手人差し指をくぃくぃと。

郷池、
「うんうんうん。何々…???」

郷池の左耳に内海。

郷池、
「……。うんうん。…えっ…???」
顔がみるみる変わる。そして、こちらも目を真ん丸く、
「う…、うそでしょ。」
目をキョロキョロとさせながら…。

内海、顔を右左に小さく振る。
そして郷池、康の顔も…。
康、口を真一文字に、そして目を閉じて頷く。

郷池、
「はぁ~~~あっ!!!マジで…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋