母親が生活保護の窓口を訪れました。母親から、ぼくと同一世帯になるように提案されました。ぼくは、拒否しました。また、同じような過ちを繰り返したくないからです。

ぼくは、母親と一緒に暮らすくらいなら、一生一人暮らしで、孤独死してもかまいません。

不自由な生活へと転落

父親が持ち家の戸建てを住宅ローンで購入してから5年後くらいに両親が離婚しました。原因は父親の浮気でした。職場の女性と不倫関係になったと後で知りました。住宅ローンの名義は父親だったので、母親名義に変えて父親は出ていきました。父親は浮気相手の女性と数年…
母親が毒親だったから借金を背負わされたと感じてしまう数々の出来事 – 1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した…

 

それくらい、ぼくにとって、母親と一緒に住みたくないのです。母親と一緒に住みたくない理由の第一は、母親にプライベートを干渉されることです。

 

第二にお金の管理をされることです。ぼくにとって、プライベートを干渉されたり、お金を管理されるのは、監獄行きになってしまうくらいに息苦しさを感じてしまいます。

 

現実に一緒に今まで母親と二人暮らしをしてきて、閉塞感を感じてきました。母親と住むと、さらに自由がなくなります。

 

不自由な生活へと転落してしまいます。だから、母親とは住みたくありません。

働いて生活保護を辞退したい

毒親名義である住宅ローンの返済をするように強制されたのが、借金の始まりでした。小学生時代に住宅ローンの名義になっていた父親が持ち家から出ていきました。離婚後に住宅ローンの名義は母親になりました。父親が出ていってからの母親と二人暮らしの日々離婚して…
親名義の住宅ローンを毒親である母親から返済するように強制された – 1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した…

 

かといって、母親も高齢で、年金も少なく、働ける歳ではないので、生活保護に頼らざるを得ない状況に陥っています。かといって、ぼくは、母親と世帯を同一にすることなど考えられません。

 

プライベートを干渉されること、お金を管理されること、すべてにおいて、自由がなくなること・・・。想像するだけで寒気がしてしまいます。

 

母親の呪縛はどこまでも、ぼくについて回ります。同一世帯にならないように、苦しいですが、働いて生活保護を辞退しようと思います。生活保護を辞退してから、母親に生活保護を受けてもらおうと考えています。

 

それまでに、定職に就けるかどうか・・・。今後の人生どうなるかわかりませんが、今は、できる限りのことをやってみようと思います。

母親と一緒に暮らしたくないはブログ、1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した体験談ブログに掲載された記事です。

Source: 1000万円以上滞納したうつ病の一人暮らし自己破産した僕の借金体験談