先週、朝のニュースで正しい食品保存の方法を紹介していた。
クリスマス前で食品を買い込み、冷蔵庫がパンパンになるこの時期、何を冷蔵保存し何を常温保存すべきかを専門家が教えていた。

まずパン。
一般の人がどの割合でどのように保存しているのか分からないが、私は常温が一般的かと思っていたが、何と「冷蔵庫保存」が適正であった。
野菜のキュウリは野菜室かと思ったが、驚く事に常温が正解。
ホンマかいな・・・食の専門家や無しに、キュウリ農家の人の意見を聞きたい気持ちである。

まあ、これも住んでいる国の湿度や気温で違って来ると思うが、以前カップケーキを上手に作るイギリス人女性のユーチューブを見ていたら、作る途中で「バターは常温と私はいつも言っていますが、あくまでこれは私の住んでいる国の気温で室内常温という事です。真夏のオーストラリアやアフリカなど、気温が30度を超える地域に住んでいる方から、バターが溶けてしまい、あなたのようなバターの柔らかさにならないとクレームを多く頂きましたが、それは知りません。暑い国に住んでいるならば、お菓子作りに適正の柔らかさになるよう調整してください」と言っていて、へー・・・そんな事でヤイヤイ言うヤツがいてんのかと驚いた事があった。

キュウリもあくまでイギリスにおいての常温と言う事であると思うが、しかしイギリスの冬は各家庭が暖房をガンガンつけており、暖炉の火もボウボウに燃えて過ごすので、皆かなりの薄着である。
室内も温かいので、それでもキュウリは常温なのかと気になって仕方が無い私である。
正解は何ぞ。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記