ドキドキ 病院に着いてすぐさま、
「こっち。行きましょ。」

朋代、
「さっすが。早い。」

緊急救命センター、ナーステーション。

梨花、
「お疲れ様、池辺です。」

看護師の森村絵美(もりむらえみ)、
「あら…、奥様…。こちらへ…???」

「こっちに救急で搬送されてきた…。」
伸永の隣の女性を…。

奈都美、梨花に軽く会釈をして、
「あの…、すみません。菱川木綿子と言う女性が…。」

看護師の森村、
「あぁ…、2時間ほど前に、緊急で…。あぁ、はい。ご案内します。どうぞ。」
ナーステーションから出て4人を案内する看護師。

梨花、3人に、
「ここの主任、森村さん。」

3人、頷く。

「先に、2名様、お出ででしたけど…。」
森村。

奈都美、
「部長と、課長…。」

朋代、
「うん。」

伸永、
「姉ちゃん。」

梨花、
「あっ。主任、他にもまた、来ると思いますから、お願いします。」

森村、
「はい。分かりました。」
そして、
「こちらです。」

「ありがとう。」

奈都美、ドアを開けて。

すぐさま顔を向けた瀧澤、
「お疲れ。」

内海、
「おぅ。」

奈都美、朋代、
「ユッコ。」

伸永、
「お疲れ様です。」

瀧澤、
「のぶな…、梨花さん。」

3人と一緒に病室に入ってきた女性に内海、
「…???」
そして、
「お馨…さん…???」

梨花、
「お馨…。」
そして、軽く頷いて。奈都美を見て、
「こちらが、伸永に電話くれて…。」

瀧澤、
「そうでしたか…。」

梨花、
「ご家族の方は…???」

「実家が…奈良なの…。だから…。明日の…朝にでも…。」
「そぅ…。」

奈都美、
「部長、課長…、ユッコ…。」

内海、
「左手首断裂。左足骨折。全治3か月…だ…そうだ。はぁぁぁ…。」

朋代、
「どうして…。こんな事に…???」

「今、警察で、事情聴取。大学生の女性、ひとりが…。」
腕組みをしながら、内海。

「大学生の女性…???」
奈都美。伸永を見て。

伸永、唇を絞ってきつい表情。

瀧澤、
「ユッコ…。」
木綿子の右手を握り絞めて。
「許せない…。」

梨花、
「お馨…。」

「代わりになってあげたい。」

眠っている木綿子。頭や頬にも包帯。

木綿子の顔の近くまで来て奈都美、
「ユッコ…。誰がこんな…。」
そして、
「いくら男気質でも、暴行なんて…。太刀打ちできないよ。」

内海、壁に凭れながら、
「お馨さんとは…違うから…。」

そんな内海に瀧澤、
「庸ちゃん。」

「はい。すみません。」

奈都美、
「かわいそ…。」

「ふたり組の男性だって…。警察が言ってた。」
木綿子の手を握りながら瀧澤。

「私がここに着いた時には、まだ警察とその女性、いたのよ。」

「俺は、その…警察と女性が病院を出ていくのと同時に…。」
内海。

「女子大生。まっ、確かに、その子、ぼんやりと歩いていた…らしい。そして男性の肩にぶつかって…。何かしら、因縁…付けられた。」
瀧澤。
「そして裏の方に引っ張られて…、そして悲鳴。その悲鳴が聞こえてユッコ、その場所に。暴行されているのを見て、そして止めに掛かった。その子を守ろうと自分が盾に。…けれども…。」

内海、奈都美、朋代、伸永、
「……。」

「女子大生の身体には、特に問題は…なかったって…。けど…ユッコは、この通り。」

「酷い。酷すぎる。」
奈都美、涙を流しながら、
「女子大生を守りながらって…、ここまでするわけ…???左手…、それに…足首まで…折れる…なんて…。」
奈都美、鼻水を啜りながら、
「信じらんないよ。」
そして奈都美、伸永を見る。
「尾田君…。」

険しい表情が変わらない伸永。

そんな奈都美の声に、瀧澤、内海、そして朋代、
「えっ…???」

瀧澤、
「伸永が…???ナッちゃん…???」

そこにドアが開いて。
「失礼します。」
と言って入ってきた葉月と翔。そして康に勇喜雄。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋