ドキドキ 「休んでいるところ、悪いな。」
内海。

奈都美、戸惑いながら…、
「あ…、いえ…。」

「菱川が、病院に運ばれた。警察からお馨さんに電話があったらしい。」
スマホの向こうで内海。

奈都美、
「うそ!!!!」

「暴行に巻き込まれたらしい。」
「暴行って…。そんな…。課長…、ユッコ。」

「あぁ…。お馨さん、すぐに病院に向かった。俺も今から家…、出る。」

遠くから、「お父さん、財布、財布。」の声が聞こえる。

内海、
「おぅ。」
そして、
「神田には…知らせた。これから、翔に電話する。」

「あ、はい。」
「じゃな。」

その瞬間、奈都美、
「あ~~っ、課長~~。病院…???」

内海、
「おっと。」
そしてメモを見て、武蔵原総合病院だ。」

「武蔵原総合病院…。」
奈都美。
「…どっかで…聞いた…???」

内海、
「じゃあな、急…。」

奈都美、
「あ―――――っ!!!」

通話が切れる。

「ノブのお姉さんの旦那さんっ!!!もしも…。あれ…???切れてる。」

3人が奈都美を見る。

広武、奈留美、
「どうした~~???」
「びっくりした~~。」

妃呂美、
「なになに、お姉ちゃん…???」

奈都美、慌てて、
「ごめん、私…、出掛ける。」

奈留美、
「どうしたの…???こんな時間に…???」

「ユッコが、病院に運ばれた。暴行に巻き込まれたって…。」
「え~~~っ!!!」

広武、
「おぃおぃ。物騒だな。」

妃呂美、
「ユッコって、お姉ちゃんの会社の…。」

「うん。私の友達。」
すかさず奈都美、
「た~~いへん。」
そして履歴を出して、指でポン。2回のコールで相手が出る。
「ノブ、大変、ユッコが病院、運ばれた。」

伸永、
「えっ、うそ!!!」

「私、今から病院行く。」
「あぁぁぁぁ、七瀬さん、病院…。」

「武蔵原総合病院。」

「武蔵原…。」
すぐさま、
「姉ちゃんっ!!!!」

奈都美、
「あっ。そっか。」
遠くから女性の声、「どうしたの…???」

伸永、
「会社の人が武蔵原総合病院、運ばれた。」

梨花、
「へっ…???」

「七瀬さん。今、僕も出ます。」
そして、
「姉ちゃん、病院まで送って。」

梨花、
「えぇ…。良いけど…。えぇ…???何…が…???」

伸永、
「あっ。七瀬さん、七瀬さんち、向かいます。」

奈都美、
「あっ。うん。ありがと。…あっ、それじゃ…、ノブ…、」

広武、
「ノブ…???」
奈留美と妃呂美を見ながら…。

奈留美、妃呂美、
「…???」
首を傾げて…。

奈都美、
「トモさん、寄って。今から電話するから。」

伸永、
「はい。分かりました。」
電話を切ってすぐに葉月から電話。
「あっ、カンちゃん、今…課長から…。」

「うん。私も今から向かう。そっち寄るよ。」

奈都美、
「あ~~。うん、ありがと。でも、今…、ノブ…。…いや。尾田君に電話して、お姉さん…、こっちに回ってくれる。」

葉月、
「あ、あ~~。そっか…。じゃ、私…、先…行ってるね。病院…???」

「うん。分かってる。武蔵原総合病院。」
「そう。…確か…、尾田ちゃんのお姉さんの旦那さま。」

奈都美、
「そうそう。そこ。」

「分かった。じゃ、病院で…。」

通話を切って葉月、車を走らせる。

朋代の自宅。伸永、後部座席の合図をして…。

朋代、
「ごめんなさい。いきなりでビックリ。」

「トモさん、七瀬さん、向かいます。」

「うん。お願い。ナツから電話来たから。」
朋代、梨花に、
「すみません、わざわざ。」

梨花、
「ううん…。良いのよ。いつも行っているトコだから。」

奈都美の家。電話している奈都美。
朋代、ドアを開けて…。

奈都美、ドアから車内へ。
「うんうん。今から向かう。」

相手は翔である。

「翔も今から病院、向かうって…。」
朋代に。そして、
「尾田君のお姉さん、すみません。」

「いいぇ。いつも、伸永、お世話になってます。」

奈都美、
「いいえ、いいえ。こちらこそ。助けられてばかりで…。」

その声に梨花、
「へっ…???」

その時、奈都美、
「えっ…???」
そして朋代を見て…。

朋代も…、首を傾げて、
「…???」

奈都美、
「あれ…???」
こちらも首を傾げて。
「はは…???」

梨花、バックミラーから、奈都美の顔を…、
「ふふ…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋