カーライルの病院で働くナースのお母さん友達と立ち話をした。
コロナ患者が使用する集中治療室のベッドが4割ほど空きが出て来たと言った。
ロックダウンをかけて、やっとこのベッド数の空きであるが、また人が解除され始めたので1月ごろには満杯になるだろうとウンザリしていた。

イギリスの6日の死者数は231人、つい数日前の2日は1日で650人ほどが1日で亡くなっている。
以前アメリカ在住の邦人の方がコメントで「1日の死者数が500人だと、もう何とも思わなくなってきている」と恐怖感が麻痺している事を書いて下さった方がいたが、イギリス在住の自分も完全にそうなっている。
であるから、日本のニュースを見ると日本人のマスク着用率があれほど高いならば、絶対にイギリスみたいにならない安心感を私は持ってしまう。

今日も子供を学校に送り届けたが、保護者のマスク着用率は70%ほどである。
特に若いお母さん達はマスク無し&近距離での立ち話を長々やっているが、マスク着用のお願いだけでは駄目なんだと思う。
警察が来て罰金刑か現行犯逮捕という恐怖を味わわせねば浸透など不可能である。

今朝うちのスタッフがショッピングセンターのトイレを利用した際、手を洗わずに出て行ったおばちゃんに立腹したという話をしていた。
手を洗わず出て行った客は、ドアを開けた瞬間に水の入ったタライが落ちて来るというドリフ形式を実行したらエエと真剣に思う今日この頃。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記