彼と映画を観てきました。

西島さん、石田ゆり子さん、
佐藤浩市さんが出演されてる
面白かったかな
何しろ爆発音が大きすぎて
まあそれが映画館で見る醍醐味なんだろうけど
ちょっと動機もわかりにくかった…
学作を読めば面白いかもだけど
話の進み方が強引すぎた気がします。
でもHappy Xmas (War Is Over)
は季節柄、心に響きました。
今も頭の中で
ずっとメロディーがかかってる♪
今年はど平日のクリスマスだけど
少しずらして
ゆっくり家族で過ごせるかな
クリスマスに大好きな家族と彼と
過ごせそうなことに感謝。
リースと小さなツリーは
先週から飾りはじめました🎄
〜上記リンクサイトより

「アンフェア」シリーズなど手がけた秦建日子がジョン・レノンとオノ・ヨーコの楽曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされて執筆した小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」を映画化したクライムサスペンス。佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャスト陣を迎え、「SP」シリーズの波多野貴文監督がメガホンをとった。クリスマスイブの東京。恵比寿に爆弾を仕掛けたという一本の電話がテレビ局にかかって来た。半信半疑で中継に向かったテレビ局契約社員と、たまたま買い物に来ていた主婦は、騒動の中で爆破事件の犯人に仕立て上げられてしまう。そして、さらなる犯行予告が動画サイトにアップされる。犯人からの要求はテレビ生放送での首相との対談だった。要求を受け入れられない場合、18時に渋谷・ハチ公前付近で爆弾が爆発するというが……。


Source: キボウノヒカリ~離婚からの日々