credit-card-1080074_1280.jpg

昨日、期限が迫っているYAHOO!カード(VISAクレジットカード)の新しいのが届きました。

このカードは、あまり使っていません。
メインは還元率2%のリクルートカードプラス(JCB)、サブ的に還元率1.2%のリクルートカード(VISA)を使用。
使い勝手のいいTポイントとは言え、還元率1%のYAHOO!カードは基本出番がありません。
以前は、一定期間2%になったり、ペイペイとの連携がいいとかとかあったのですが、無くなってしまいました。

こんな状況なので、更新前に諸々の情報を確認してとメールが来た時、情報をちゃんと更新してみました。
作成時の職業:公務員、年収:488万円を修正して、職業:アルバイト、年収200万円、勤務先には登録している所で1番規模の大きい派遣会社に修正。

さすがに更新されないことはないでしょうが、限度額とかどうなるのかな?との実験です。

で今日届いたように、カードは無事更新。
さらに限度額は50万円→100万円に増額されていました。

保有期間の5年間サブのサブ運用のカード。
たまに数千円使う程度で、職業は年収200万円のアルバイト。
更新は当然ですが、増額までされると思いませんでした。

公務員→無職orアルバイトと、信用力最強から最弱になった訳ですが、この2年半特に不自由なことはありません。
賃貸契約もできるし、クレジットカードは増額までされるし。
もちろん日常生活のサービスのほぼ全ては、お金を払えば受けられます。
人から避けられる、人が離れていくみたいなこともなし。

裏を返すと、信用力があるからと言って、別に得することはありませんでした。
賃貸契約の時も、保証人に加えて、保証会社必須と今の条件と変わりません。
彼女はもちろん、友達すら出来ませんでした。

住宅ローンと組むとか、結婚を申し込むともなれば、話は変わってくるかもしれませんが。
そもそも僕の実力では、その前段階もいけませんでした。

経験談としては、セミリタイア後の信用力低下については、大した問題ではないように感じます。
Source: Time is money  キムのお金日記