もうすぐロックダウン解除である。
人数制限はあれど、店が再開すればクリスマスプレゼントを買いに来る客で溢れるのは当然。
また入り口に人が並び、「人数制限」を待てない客が不機嫌になり、やっと店内に入れても2メートルのソーシャルディスタンスを保つ事なく買い物する。

今回の再開に向け、各店舗は掃除の日々である。
あちこち拭いてみても、こんな拭き掃除を毎日毎日すんのかい!というと、そうではない。
会社の規定では30分に一度アルコールで客の触れそうなモン全て拭きましょう、1日の最後に拭き掃除は徹底してくれとなっているが、トイレも1年以上掃除しない我が職場の精鋭たちが、拭き掃除などするはずがない。

店が暇な時、ぼーっと立って喋っているバイトに「これであちこち拭いて」と指示を出して来たが、その周辺のモンをパパっと拭いて消えてしまう。
1日の終わりに念入りに消毒掃除!!を実行している店は一体何パーセントあるのだろうかと、この人達と働いていてそう思う。

クリスマスはルールを緩めねば暴動が起きるんじゃないかと思っていたが、やはり緩めざるを得なかったと思う。
それほどクリスマスというのは大事な大事な文化である。
家族が異国からクリスマスの為に戻ってくるケースも増えると思うから、1月2月にまたロックダウンにならないように祈るのみ。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記